※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

内装家かたろ~ぐ - 倭国座談会編


随分さぼってしまった第二段は、『倭国座談会』です。自サイトだけのコッソリ告知の上、直前の開催日時変更にも関わらず、多くの参加者が集まりました。


ブリ2銀扉の右側から時計回りに、
Merodyさん pataさん ・amethystさん・Hinomoto-Daemon(日ノ本駄衛門)さん・Bobin-sreadbearさん
chiyo・Hermesさん・oruchiさん・ taikoubouさん
画像にはいらっしゃいませんが、少し送れて Rioさん が登場。
以上、総勢10名です。予想よりもはるかに多く、驚きです!
というか、多過ぎて会話があちこちで発生してますので、かなりのダイジェスト版でお送りしたいと思います。ご了承下さい。*peko*

簡単な自己紹介を済ませ、まずはさらっと拙宅へ。
入り口だけご案内して、好きに見て頂きました。私は食堂に腰を落ち着け、めろでぃさんとまったりトーク。
外に出て、エルメスさんからのご要望で簡単な家の説明を。詳しい事は自サイトにあるので割愛させて頂きます。(気になる方は ここいら を見て下さい。)


では一部ログから抜粋を。
pata: このトクノレア、染めてる?
Rio: さけ? どうなんだろ
pata: 元の色と違うよね?
Rio: よくわからん。。。


その場でお答え出来なかったので、ここで正解を。
Yes!
白で染めてます。染めてないと穴(?)みたいなのがもう少しハッキリ見えます。

chiyo: 苦労は、地下室の西側あたりに出る階段があるんだけど、
その上を無理矢理ござでふさいだので、再カスタマなんて
とんでもないという状態になったことですかねぇ。
pata: うはあ
amethyst: あはは><
oruchi: あはは
taikoubou: ひー
chiyo: でも雪景色にしたときはやったんですよー、ちょびっとだけ。
pata: ひいい
Hinomoto-Daemon: ぬふう
Hermes: だから雪景色を無くすの億劫なのね。
chiyo: まあね・・・・・
patamon: ロック数は?
chiyo: みてみます・・
patamon: わくわく
chiyo: 776
patamon: うは
taikoubou: ほう
Hermes: 少ないわ
Merody: しゅごいー
amethyst: 少ないんですかw
chiyo: ツワモノがいるー
Hermes: え、だってこれだけの綺麗な物で少ないロック数って、相当のテクニックよ
Bobin-sreadbear: 大昔の水槽みたいなのとは違うんすな
oruchi: 水槽はやばいw
patamon: ただ今、あんま重ねなくても いろんなアイテムあるし。
oruchi: 現在も水槽おいてるエルメスさんが真のツワモノ
Hermes: ・・・


オチがついたとこで、次のお家へ移動~。
とってもラブリ~なoruchiさん宅です。



Hermes: 気持ちの良い天気ですわ
amethyst: あったかい日差し
oruchi: ちよさんちの製品がいっぱい(*'ω'*)
chiyo: あひ
Bobin-sreadbear: パプリカにポテトかな
Hinomoto-Daemon: もしかしてこれはバター?
Bobin-sreadbear: 空腹を誘いますな、、
Hinomoto-Daemon: んだね
patamon: オウムの餌なら、普通のバターになるね
Hinomoto-Daemon: おおー
oruchi: そこ最初2列だったんだけど、文字がかぶるから3列にしたです
Bobin-sreadbear: 成る程、親切設計
patamon: 話すのにちょうどいい
Hinomoto-Daemon: これくらいの大きなテーブルはいいですな


chiyo: おうちの説明をよろしく~
oruchi: えっとーおうちはピンク色がすきなので、思う存分ピンク色にしてみました。
自分で気に入ってるとこはここらへんだったりします。そこの階段は
お庭に続くように見えてるだけで、中に入ると外に出れるように見えますけど、どっちも通れませんw
taikoubou: あらま
Bobin-sreadbear: 酒屋のサブちゃんだけしか通れない、、、
Rio: さぶちゃ。。。。
patamon: 誰w
oruchi: でも置いてあるといけそーな気分になるとこが気に入ってます
Hermes: 私も誘導された口
oruchi: いろいろこっそり置いてあります。あそこにとかげまんもいます。
patamon: なんでそんなとこに。。
Hermes: 保護色
oruchi: 置くとこ探してたらすごいいいとこがあった!!
Merody: いいね
chiyo: うん、イイ
oruchi: どこからともなくシャーシャーいわれますw
taikoubou: トナカイ狙ってるのかな?
oruchi: でももうすぐ鳥巣になるかも!!!
amethyst: とかげは寝室に栄転?
oruchi: 寝室!! そいえばうち寝室ないや・・・
Bobin-sreadbear: 工房なんすな
oruchi: 前はあったのになー。あたし今まで裁縫スキルしかなかったので、
裁縫部屋と厩舎(しゅみ)は絶対作ってましたー。
patamon: なるほど
oruchi: あとは気にしてなかった(〃∇〃)
amethyst: あはは
oruchi: ちなみにロックダウン数は514です。
Hermes: おー
patamon: やっぱすごいなー、そこまでやる気が。。。

―― ここでブリタニアが夜になりました。――


amethyst: 夜の部屋をちょとみてもいいですか?
oruchi: うちは灯り対策してないとこがダメぽいんとでっす。そこまで気力が・・・
amethyst: あはは><
oruchi: しないとだめだとはおもったんだけどお・・
amethyst: 綺麗ですよ~
chiyo: 人いるとこにあれば、十分と思います
patamon: いい感じ
amethyst: 落ち着く。。


去り難くはありますが、ネタの宝庫・オオトリのHermes邸へ向かいます。
侵入する前に、家主様よりご説明を賜ります。


Hermes: 一階が工房、二階の暖炉から煙突で屋上に行けますー。
あと色々仕掛けがあるので探してみてね。
レコードの台座は、無名市のお弁当屋さんのデコレートありますです。
一階の細工工房の茶柱もありますよ。火噴き暖炉から上に出られます。
amethyst: わおお


Merody: ゆきだまがっ!
chiyo: 2重になってるのは立体感?
Hermes: ですです
Merody: 凝ってる!
patamon: すごいなぁこの家
Hermes: 寝室ご案内しますわ。これはKunikoさんのフルーツバスケット。
chiyo: バスケットに盛ってるんだ
patamon: 本物より本物らしいという。
oruchi: えるめすさんホンモノのWくりしてたべちゃったんだって(こそ
taikoubou: w


Hermes: ご説明しますわ。この家の特徴は逆L字型なのです。
EAに逆らいました。どこも東南に庭があって同じ家ばかりなので。
patamon: あえて死角を作ったんですね。
Hermes: はい
amethyst: なるほどぉ~
Hermes: 家と庭の比率を合わせて、苦しくないスペースを確保するのが大変でした。
amethyst: じっくりみたいところが、一杯です
Hermes: ちなみにロック数が1153
patamon: !!
oruchi: ひいいいいい
Merody: うわああ
patamon: うへー
Merody: すごいー
patamon: 1000超えたー
oruchi: うちの2倍だ
Hermes: でも今はイベントでアイテムをロックしてるのもあるので、それを抜かすと1000位です。
Merody: すごすぎ・・
chiyo: 何気に横の窓がまた凝ってる。網がカーテンに!
amethyst: 鯉に色が付いてるのが素敵。
patamon: おーほんとだしかも椅子が花の下の飾りに
taikoubou: すごいなぁ
Bobin-sreadbear: そこのカーテン国旗色
patamon: 色変えるのってかわいい
Merody: かわいいねー
taikoubou: 絵で隠してるんだ

Hermes: ちなみに隠し扉案内しておきます。此処私の作業場。
Merody: しらなんだ
taikoubou: ほうほう
Hermes: あっち男爵様用
Bobin-sreadbear: なるほど、、

見る度に何か発見が有り、どれだけ見てもネタの尽きないHermes邸でした。
最後にHinomoto-Daemonさんが営む、ブラックソン城が佇む湖畔にある酒場へお邪魔しました。倭国伝統の週刊誌「BritainWalker」主催の、内装コンテスト作品のルーンが屋上に設置されているのです。これがまたハイレベル! 倭国へいらした際は、是非お立ち寄り下さい。場所は多分 ここらへん (veterinary masterさん、お借りします)


その後、Bobin-sreadbearさんのお友達宅を2軒程ご案内して頂きました。どちらも可愛らしいお家でした。1件は私も昔からマークしてたお花屋さんです。残念ながら営業は停止されてましたが、スタックオブジェのお花はどれも素敵でした。

酒場へ戻り、何故かカウンセラーホールへ雪崩込んで、おしゃべりする間に大和見学会開催を決定したり。いやぁ~、楽しみですね♪

そんな感じで、最後はぐだぐだと解散です。^^;
皆様、お疲れ様でした~。*peko*



取材日【2008.06.7】 筆記者:chiyo

◎編集後記
今回はホント~に思いつきで、座談会方式としてみました。結果としては、話の流れが幾つも出来ちゃって、とてもまとめ難いという…。いや、おしゃべり自体は楽しかったのですがね。ガヤガヤとした賑やかさを、想像しながら読んで頂けると、尚一層お楽しみ頂けるやもしれません。
ではまた、何時とは知れぬ次回がありますように…。