※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[← Housing@うぉっち メニューへ戻る]
[← 第6回 ~瑞穂編~ メニューへ戻る]

第6回Housing@うぉっち ~瑞穂編~『虹を超えて瑞穂へいこう』 その1

(最終更新: 2010年09月19日 )

開会式から3軒目までは、当日司会を勤めさせていただきましたPataがお送りします。
今回は好立地に立派なGHを建てていただき、内装もしたためそこを待ち合わせ場所としました。

そして今回もほしさんが美麗なWelcome BPAを作ってくれました。

参加者からも大好評でした。

あと、延長編で訪問させていただいた、「Spell*Flower」のオーナーayama様がとってもかわいいBPAお弁当を作ってくださいました。

こちらは一例です。ご本人のブログに全部の写真が掲載されていますので興味がある方はどうぞ♪
Aimed UO landscape! Housing@うぉっち『虹をこえて瑞穂へいこう』 の巻

開会式の様子は長いので飛ばします。

 ◆今回も前回に負けないほどたくさんの方にご参加いただけました♪


それでは早速1軒目、いってみよ~!
※私の担当する3軒目までは、分かりやすくするため、質問コーナーでは司会(peco rara=Pata)と、そのお宅のオーナーの方のみ名前の色を変えています。

The Memphis Belle

【1階】
入口を入るといきなりゴージャス空間が! 部屋のそこここに配置された旬なレアアイテム、派手な色遣いが目を引きます。使用目的としては「作業部屋」なのでしょうが、そう言ってしまうにはあまりにも豪華です。全体のムードもゴージャスですが、細かい部分にも色々とこだわりを感じさせてくれます。

 ◆1階。豪華な博物館風?

Tarte: 豪華!
Tarte: 冥府の軍馬かっこいい!
yappy: ランタンかわいい
Lonicera: 溶岩が
SPELLBOUND: 燃えてる・・・
Alize'izm: 博物館みたいー


【2階内部】
北西の階段を上ると2階内部です。こちらは割と地味な空間になっています。

 ◆2階内部。スタッフもツボな壷


【外観】
そして、壁の隙間をくぐり抜けると、またまったく違った空間に!
なんと“山里風”になってます。
山の上には、1階の北東の部屋のテレポーターから行くことができます。

 ◆山里風の外観。花が咲き乱れています

Laiha: ひまわりだ
Mya: かわいいなあ
Anji: オブジェの細かさに注目のお宅です
Heath: カオスサインつかうとは・・・
Fis: この川はすごいな。自然すぎる
Mikotu: 熟したひまわり、うまいな
chiyo: キャンディー花きれい~
Tarte: ガゴ大小とか、新しいアイテムもとりいれてて素敵だー
Fis: 季節的にもひまわりはまだ黄色でいいと思った



【質問コーナー】
恒例の家オーナー様への「質問コーナー」です。
このコーナーは、イベントに見学した家のオーナーの方が参加されている場合、他の参加者からの質問に答えていただくものです。
今回は、ありがたいことにオーナーの方の参加率がとても高かったです。
可能なら1部屋ごとにとかオブジェを1つずつ解説していただきたいくらいなのですが、時間の制限があるため、質問は1軒につき3つ程度に限定して行いました。

peco-rara: Housing@うぉっち名物、オーナー様への質問たーいむ!!
peco-rara: 早い者勝ちで3つほど
Qiora: 他の季節だと何の花が咲くんですかー?
Alstormary: 桜とか梅などや
Alize'izm: 梅!
Tarte: 桜もいいねー
Chaco: 季節の定番だね
Anz: 四季折々だわ
Alstormary: いまは花ショウブと
chiyo: ショウブきれいでしたー
Alstormary: 新しくカオスシールドのひまわりを
Tarte: ひまわり最高~
Terra: すてきだった
Mya: かわいかった!
Alstormary: アジサイがむずかしくて断念しました><

 ◆カオスシールドと豊作の角から取れるとうもろこしを使ったひまわり、氷ウサギの卵とトリンシックローズ、レアのバラを使った花菖蒲

Tarte: 恒例のろっくだうんすう!
ahiru-no-oshiri: ロックダウン数おしえてください
Alstormary: ロックは533ですね
vivi: 意外と少ない
Budou the ghost: 少ない~
Kotoe: 案外すくない
Alize'izm: 少なく感じる
Tarte: そんなんでできるのか!
Lonicera: 見た目より少ないー
Tarte: 限界まで使ってそうだった!

A.T: 良く内装変えたりしてらっしゃいますけど、どの位の頻度でなさってるのですか?
Alstormary: はい。気分次第なのですが、季節がかわったなーとか、新しいアイテムが出たときとかにという感じです
A.T: 毎回楽しみにしてま~す

Tarte: ガーゴ大小をもうつかっててすごかったー!
Lonicera: そそ、刈り込みバサミ
Alstormary: あ、なんか剪定ばさみにしか見えなくて・・
Emy-tan: たかえだきりばさみ
Tarte: 内装脳!内装脳!
yappy: もうはさみにしか見えません

 ◆花と瓦礫に覆われた砲台、ガーゴイル大小の剪定バサミ


ひまわりと剪定ばさみが大好評でしたね。
このお宅は、昨年行われた公式のカスタマイズハウスコンテストに出品されていて、そのときからとても注目していたお宅でした。
もちろんひまわりや個性的なオブジェもすばらしいのですが、私は個人的に「カスタマイズで山を作る」という斬新すぎるアイディアにとてもぐっときました。
見て楽しい、行って楽しい2度楽しめるお宅だと思います。
また、常に最新のアイテムを活かした内装をされており、見学会でまわる家を選定している期間の間でもどんどん内装に新しい要素が追加されていました。
定期的にチェックしたいお宅でもありますね。

次は地味だけど丁寧に作りこまれた、ベテラン内装家にはたまらないお宅です。



[← 第6回 ~瑞穂編~ メニューへ戻る]
[← Housing@うぉっち メニューへ戻る]