※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[← Housing@うぉっち メニューへ戻る]
[← 第8回 ~無限編~ メニューへ戻る]

第8回Housing@うぉっち ~無限編~『MUGE・ん… 家っぽい』 その12

(最終更新: 2011年09月12日 )

ムーングロウ島の岬に建つ船着場。
NPC家と繋がって見えて、まるで元からあった様な錯覚に陥ります。

Leif's Shipwrights


【外観】
大きなL字の様に見えますが、実は上はNPC家。
自然な船着場と一体になって、岬の景観を作っています。


melon panna: 結局入れないんだっけ
Jager: 家主さんは寝ちゃったのかな
Rabbins: しょんぼりっく
MUgen: あけてええ!!
Kowloon: ヤダ★
MUgen: あけてえええ!
Kowloon: だぁ~め★

zirconia: うおおおおおおお すごおいw
Rabbins: おお
zirconia: わー、いいなー。やぱ、海の近くいいなあ・・・
Naish: いいねぇ
zirconia: 今さ、船の物とか多いから、飾り甲斐あるよねー


【感想コーナー】

popotum: オーナーさんいらっしゃいますか~?
cherry: あ、 途中までいらしゃったのですが・・・
popotum: おおぅ、遅くなりましたからね・・・・・・><
Anz: はぅ、残念ー

popotum: では感想を叫んで下さい
Rabbins: 借景すてきだーー
Anz: 石壁と煉瓦屋根最高だ
Nue: 鉄柵で覆った花もイイ!
Anz: おはながかわいい
popotum: 私は桟橋とNPC家の繋がりが、ダイナミックでスキです
Vivace: すごく中が気になります
melon panna: ねー、桟橋に行ってみたい!
Naish: 中がみてみたい!
Anz: 船置きたい 船!
monshiro-tyou: NPC家の借景って、あんまり無いですよね
Nue: 隣接した土地少ないっすもんね
Vivace: 上まで見えたらなあ!
zirconia: 住みやすそう
MUgen: 寒くないの?
monshiro-tyou: 皆の愛で温かいよ


外観だけでも、十分に見応えのあるお家でした。中に入って、桟橋に座ってみたかったですが...。
何とこの時点で2時を回っており、叶わぬ夢となりました。

がっ、なんと後日無限スタッフのえみりさんに連れられて、潜入してきました~~!
お宝画像をご覧下さいまし♪

【3階】
こちらは会員制の酒場。渋い海の漢(オトコ)の穴場です。
暖炉で炙られている鳥肉がワイルド!


磔ピクシー横の扉は外に通じていて、波打ち際を歩けます。
突き当りまで行くと、足を波に洗われながら桟橋を見上げる事が出来ます♪



お邪魔している間に夜になったので、夜景も撮ってきました!
テーブル席についてるダンディーな方は、居候のキャプテン・ザキさん。
オーナーの船大工さんに、船の修理をお願いしているのでしょう。



不思議な事に、こちらの家の全ての階で、隣のNPC家の1階が見えます。
1~2階は高さの関係かもと思いますが、何故3階まで...??
NPC家の屋根が3層目まであるんでしょうか。



【2階】
奥が作戦会議室で、手前がキャプテン・ザキさんの私室です。
壁で囲まれたベッドに注目です。シロクマちゃん、抱いて眠るのでしょうか...?
もしかして寂しがり屋さんなのかも、と思ったらザキさんの名前入りなので、贈り物だったみたいです。



【1階】
1階は船大工さんの作業場とお店です。
ソウルフォージで、魂のこもった船が建造されるのでしょう。



【船着場】
そして!! ついに憬れの船着場に足を踏み入れてきました~~!
何と海賊船の似合うことっ。ここから出航して、七つの海を荒らすのだーっ



夜になると人魚像がぼんやりと光って、神秘的な雰囲気に。
船乗り達を見守る乙女の祈り、的な...。海にはロマンがあるのねっ。



以上潜入レポ、画像満載でお届けしましたっ。
...多過ぎ?


お次は形が個性的な、森の中の裁縫屋さんです。


[← 第8回 ~無限編~ メニューへ戻る]
[← Housing@うぉっち メニューへ戻る]