※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オブジェ集 > 内装オブジェ > 王家の燭台

[← オブジェ集 へ戻る]

王家の燭台




簡単に作れて、ロイヤルな雰囲気をお楽しみ頂けます。
テルマー枝付き燭台は、蝋燭の数が多いからか明るくなる範囲が広いので、
テーブルに1つ置くだけで、周りが明るくなるという機能もあります。

更にMAFのCandelabra of Soulsを使った、スタンドタイプと合わせて使うと、統一感が出ます。

材料の A Dragon Flame Badge(ドラゴンバッジ) は、特殊宝石の Fire Ruby(ファイアルビー) に変えてもOKです。
ドラゴン鱗とバッジ(または特殊宝石)の色は、お好みに合わせて変えてみましょう。


材料


【卓上タイプ】
Ter-Mur style candleabra/テルマー枝付き燭台(1)
A Dragon Flame Badge(1)※1 若しくは特殊宝石の Fire Ruby(1)
Yellow Scale/ドラゴンの鱗(1)

※1  トクノアイランド (パラリシャンさん、お借りします)のThe Citadel(シタデル)に沸く、
Black Order Mage , Black Order Grand Mage (モンスター協会さんお借りします)が落とします。


【段数】
2 A Dragon Flame Badge(1)/Ter-Mur style candleabra(1)
0 Yellow Scale(1)


【スタンドタイプ】
Ter-Mur style candleabra/テルマー枝付き燭台(1)
A Dragon Flame Badge(1)※1 若しくは特殊宝石の Fire Ruby(1)
Candelabra of Souls(1)※2

材料以外に、Bag(1)とSmall Table(1)をご用意下さい。

※2 MAFです。L6の宝箱に入っている事があります。
または、白網を投げた時に出現するleviathan(リヴァイアサン)が落とします。


【段数】
7 A Dragon Flame Badge(1)/Ter-Mur style candleabra(1)
0 Yellow Scale(1)


作り方


【卓上タイプ】
Yellow Scale、A Dragon Flame Badge、Ter-Mur style candleabraを置き、それぞれロックダウンします。
Ter-Mur style candleabraを一段下げ点火すれば出来上がりです。)


ウロコとバッジを違う色に変えても大丈夫です。お家に合った組合せをお楽しみ下さい。バッジは特殊宝石と入替えても大丈夫です。
上SSは例です。左から以下の材料を使っています。
  • Yellow Scale + Serpent Fang Sect Badge ※3
  • Yellow Scale + Tiger Claw Sect Badge ※3
  • White Scale + Blue Diamond(ブルーダイヤ)
  • 一本蝋燭(参考)

※3 A Dragon Flame Badgeと同じく、The Citadel(シタデル)のモンスターが落とします。詳しくは UOモンスター協会 さんをご覧下さい。


【スタンドタイプ】
Small TableにA Dragon Flame BadgeとTer-Mur style candleabraを乗せ、ロックダウンします。
机を外します。BagにCandelabra of Soulsを入れ、0段目に置きます。
Bagを斧で壊します。中から出て来たCandelabra of Soulsをロックダウンします。Ter-Mur style candleabraを1段下げ、点火して完成です。

※Ter-Mur style candleabraの点火のタイミングは、何時でも大丈夫です。
 ただし点灯しないと、裏返る事があります。




[← オブジェ集 へ戻る]