※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パブリッシュ80の内容をトップのニュースに書こうと思ったのですが、あまりに項目が多いので別途ページを作成しました。

コンテナを斧で破壊すると中のアイテムごと消滅します。

重大なバグが起きています。
修正があるまで絶対に内装の「箱壊し技」を行わないでください。


その他正規の導入項目より。

生贄の祭壇(Sacrificial altar)に入れたアイテムが取り出せなくなる問題を修正しました。

ブリタニア船の調度品設置台に航海士の操舵輪(pilot's wheel)を設置できるようになります。

小型ソウルフォージ(small soul forge)で裁縫の変成が可能になります。

家でマークしたルーンは、そのファセットのルーン用の色に染まるようになります。

パッキングコンテナ内のベンダーにアイテムを置くことはできなくなります。

像は標準的な家のセキュリティに従うようになります。

掲示板のアクセスレベルが「無制限」になってしまうことはなくなります。

設置者がその家の中にいるのであれば、家の調度品の設置/撤去時の視線チェックと距離制限は行われなくなります。

爆発するキノコはプレイヤーの家の床下に生えなくなります。

ベンダーの商品を自分のバックパックに戻してまとめる場合の問題を修正しました。

プレイヤーベンダーからであれば、重すぎて運べないアイテムでも購入できるようになります。
ただし、購入者のバンクボックスにそれを入れられるだけの空きが必要です。条件を満たしていれば、商品は直接購入者のバンクボックスに送られます。
キャラクターが所持できる重さのアイテムの場合はバンクボックスには決して送られません。その場合はこれまでと同様に購入が行われます。

ベンダーに失われし知識の書(Tome of Lost Knowledge)を装備させることが可能になります。

ごみ箱のロックダウン消費数は、ごみ箱が撤去されるとすぐに消去されます。

家ルーンの名前を書きかえることはできなくなります。

骸骨の壁飾り(Hanging Skeleton)は、家の所有者か、それを設置したキャラクターであれば証書に戻せるようになります。

エルフ式装飾チェスト(Ornate Elven Chest)の消費ロックダウン数は2ではなく1になります。

名前変更を行うと、家の看板上の名前が直ちに更新されます。ただし、これはプライマリハウスの場合のみです。

家の看板の真下にロックダウンされたアイテムは、リリースされてパッキングコンテナに入ります。

ベンダーに派閥の擬態のイヤリングを装備させることが可能になります。

セキュア設定時に、ロックダウンは解除されましたと表示されることはなくなります。

同種の調度品を同じ場所に設置することはできなくなります。

ジンジャーブレッドハウス(Gingerbread House)を壁の下に設置することはできなくなります。

小さな骨製テーブル(Bone table)は通行不可能で適切な高さのアイテムになります。

テラス付き砂岩の家の屋上にある低い砂岩の壁を歩いて通り抜けることはできなくなります。

はしごを設置する場合、はしご(2マス)の真上にあたる部分に床があると設置できなくなります。

薄気味悪い家具の配置高さを修正しました。

内装ツール(interior decorator)を使って生贄の祭壇を壁に押し込むことはできなくなります。

家のカスタマイズモードに入ると、祭壇やペンタグラムが北西にずれてしまうことはなくなります。

ロード・ブラックソンの王座 [レプリカ]のアーム部分に置かれた時のアイテム位置を調整しました。

家の所有者は、ロックダウンやセキュアアイテムのコマンドメニューに追加された新コマンド「回収する」を使ってロックダウンやセキュアの解除と回収をまとめて行うことができます。

家のカスタマイズ中に移動しても家から排除されてしまうことはなくなります。


ベンダーの修正

ベンダーの給料は1日1回まとめて差し引かれるのではなく、時間の経過につれて徐々に差し引かれるようになります。

ベンダーの所持金が不足して給料が差し引けなくなった場合、そこから1時間はベンダーオーナーのための猶予期間としてベンダーはその場に残ります。
未払い給料のペナルティは廃止されます。導入時点で未払い給料が設定されているアイテムからは未払い給料ペナルティが取り除かれます。

商品設定されたアイテムをベンダーが装備している場合、それらのアイテムもベンダーの給料計算の対象となります。

近くにある自分のベンダーのバックパック間で、商品をドラッグして移動させることが可能になり、販売価格も維持されます。


移転用の樽

中に物を入れた調度品を証書に戻せるようになります。

ロックダウンやセキュアではない調度品の場合中身は全て床に捨てられます。
調度品自体は普通の証書に戻ります。


ロックダウン又はセキュアの調度品の場合

調度品は証書ではなく、樽に変わります。
調度品の中に入っていたアイテムは樽の中に収納されます。
この樽は決してブレス属性にできません。
この樽を開けることはできません。
樽内のアイテムは、追加/取り出し/使用はできません。
この樽は調度品の証書のように使用できます。樽をダブルクリックして設置すると調度品が設置され、中に入っていたアイテムもその調度品の中に入れられています。



ほかに
バンクボックス内の入れ物類を壊すことはできなくなります。
というのもありました。


このページは将来修正・削除される可能性があります。