※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[← 内装 基本とTIPS へ戻る]

明りについて


マジック装備にNight Sightがついたり、エルフ族が夜目利いたりで、この頃忘れられがちな夜の風景。でも薄暗い中に灯る明りもいいものです。照明は生活に欠かせない物ですから、雰囲気作りにも貢献してくれます。是非内装に取り入れてみましょう。

光源となるアイテムは複数あり、発する光の色は何種類かあります。

殆どはこの光です。一番使い易い色です。物により、光の大きさが多少違います。
CandleとTorchのみ、この色です。温かい雰囲気が出ます。ON/OFFはロックダウンを外さないと出来ません。(Candleを消えた状態でロックダウンし、Wクリックで点火すると、ロックダウンが外れます。ご注意下さい。)
Heating Standのみ、この色です。消した状態でも、左SS-上の様な光が出ます。
Communication Crysta(コミュニケーションクリスタル ※宝石店で売ってます。)のみ、この色になります。OFFでロックダウンすると、緑色の光はそのままで本体部分が点滅します。
Brazier(火鉢)のみ、この色です。DOOMレアです。

アドオンのLarge Forgeと、カスタマパーツの溶岩床(全面溶岩のみ)も、黄色い光を発します。




「明りを置いたのに光らない」という事があります。これは、光源が何かの影に入っているからです。光源が影響を受けるのは、 南東隣 のマスです。下のSSは、ランタンの手前に毛糸玉を積んだところです。6個積んだら、明りが見えなくなりました。明りの南東隣には、なるべく物を置かないか、低くするようにしましょう。




「何を見ても光が白色だ」という時は、オプションを確認して下さい。「表示」(目のマーク)を開いて、「 カラーライティング効果 」にチェックを入れます。これで明りの色が反映される筈です。

ちなみにUOの1日は2時間で、そのうち夜は20分です。(1時間40分の昼→20分の夜 で1サイクル)意外と短いんですね。


[← 内装 基本とTIPS へ戻る]