更新履歴

取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「開発/データシート/LM35DZ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

開発/データシート/LM35DZ」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

+&topicpath(notop)
+
 *LM35
 NationalSemiconductgorの温度センサIC
 動作電圧4~30V。つまり3.3V駆動不可。
 (ただし、出力電圧は3.3Vになることは無いので3.3Vマイコンへの入力はOK)
 正電源では+2~150℃、(正・負)両電圧を用いると-55~150℃を測定可能。
 温度係数:+10.0mV/℃
 「+Vs」と「GND」間にはパスコンデンサ(104)を入れておいたほうがいいのではないかと。
 (OKWaveの質問で電圧が合わないってのがあるけど、半分はこれのせいでは?)
 (データシートのFIGURE 4参照。オプションではあるが…)
 
 **正電源のみをLM35に接続した場合
 測定可能温度は「+2~150℃」(0℃からでないのがポイント。詳しくはデータシート嫁)
 |温度(℃)|出力電圧(V)|h
 |2|0.00|
 |10|0.08|
 |12|0.10|
 |20|0.18|
 |22|0.20|
 |25|0.23|
 |40|0.38|
 |60|0.58|
 |100|0.98|
 |102|1.00|
 |150|1.48|
 
 ***CypressのPSoCで扱う場合、
 +アナログブロックで「A/D」と「PGA」モジュールを使用する。
 +「A/D」ブロックの前段に「PGA」を接続する。
 +LM35そのままの電圧だと1.48Vまでしかでないので、「PGA」にて増幅するのが良い。
 +「PGA」の1・2・4・8・16倍を用いて読み取ると精度がより良くなる。(計算もしやすい?)
 +150℃近い限界測定なら「PGA」は1・2倍を使用
 +お湯の温度「60~100℃」を測定するなら「PGA」は4倍を使用
 +気温「10~40℃」を測定なら「PGA」は8・16倍を使用するのが妥当か。
 +高度にソフトを組むなら「PGA」を1倍でA/Dし、その測定値を元に「PGA」のゲインを可変させ、再度測定するのが素敵かもしれない。
 
 ***普通のマイコンの場合
 +マイコンのA/D入力の前にオペアンプを接続するほうが良いと思う。
 +150℃まで読み取るならレール2レールのオペアンプで3.3倍増幅ぐらい。(5V/1.48V)
 +100℃までしか読み取らないなら5倍増幅でもよいのジャマイカと。(5V/0.98V)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|