更新履歴

取得中です。
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発 > データシート > FPM-02PG

FPM-02PGとは

概要

マルツという電子部品屋で売っていたジャンク圧力センサである。
FPM-02PGという株式会社フジクラの半導体圧力センサと、アンプ基板と思しき基板が付属している。
値段は52円という超ジャンク価格。
安いので「取り合えず」で買ったが資料が少ないので他人のページをコピったりして資料として残す。怒られるだろうけどな…

セット内容


付属基板に乗っているもの

  • 103の多回転抵抗
  • 358と書かれたIC。まず間違いなくLM358互換の2回路オペアンプ
  • TIのロゴと、P27L2と書かれたIC。
  • 502と書かれた可変…(抵抗?)。ネジロックで固定されている。

FPM-02PGという圧力センサの特徴

圧力センサではあるが、ゲージ圧センサと言われる物で、私たちが一般的に言う「気圧」を測ることはできない。
ゲージ圧とは、大気圧に対する変位のことである。
自転車の空気入れにメーターが付いていたら、それがゲージ圧を測るものである。


「Sim's blogのコピー」

http://blog.goo.ne.jp/sim00/e/358c13adec73419f33bd560dab8f86ec

マルツパーツの店の前のワゴンで52円の圧力センサーを売っていました。店の前に置いてあった仕様をメモしたものです。webとかでも仕様はよく分からないので載せておきます。書き写し間違いがあるかもしれません。
6/23 追記 52円に修正

センサーはFPM-02PG、センサーアンプはPSM-02PG-2(刻印はPG-2)。回路図の抵抗値は書いてありませんでした。

圧力センサーモジュール

◎絶対最大定格
電源電圧 DC12V
最大負荷圧力 210g/cm^2
動作温度 0~70℃
保存温度 -40~120℃

◎外寸
センサ W14x13.5xD12 約1.4g
センサアンプ用IC W22x18.0xD25.4 約2.7g

◎電気的特性
出力電圧 1.0g/cm^2 : 0V
     30.0g/cm^2 : 4.5V
総合精度 ±8%FS/0~50℃

◎使用条件
圧力範囲 1.0~30.0g/cm^2
使用温度 0~50℃
圧力媒体 非腐食性ガス
使用雰囲気 屋内一般清浄雰囲気

(グラフがあったのですが、言葉で説明します)
グラフタイトル 出力特性
横軸 圧力(g/cm^2)
縦軸 出力電圧(V)
1.0g/cm^2のときの出力電圧0V
15.5g/cm^2のときの出力電圧2.25V
30.0g/cm^2のときの出力電圧4.5V
(この3点を結ぶ右上がりの直線)

6/14 追記 FPM-02PGでググるとデータシートがすぐ見つかります(ここ)。メーカーはフジクラというところみたいです。抵抗は200Ωの可変抵抗のようです。

「あしたなにしよぉぅ」のコピー

http://blogs.yahoo.co.jp/nyaninya/33560081.html

うわさの?ジャンク圧力センサFPM-02PG@マルツ
(詳細はこちらの方に→http://blog.goo.ne.jp/sim00/e/358c13adec73419f33bd560dab8f86ec
(orメーカーさん→http://www.fujikura.co.jp/sensor/jpn/press/index.html
くっついていた基板、ちょっとおもしろいです。初めて見ました。
片面基板なのですが、パターンがパターンをまたいでる部分があったり、濃いグリーンレジストみたいなのが「抵抗」になってたりします。
自作できるとおもしろいんですけど。。。

基板の裏、キチャナイ手書き数字が書いてあったりします。
選別もれしたものか修理品かなんか知らないですが、52円って本気のジャンクでしょうか?
マルツ指示の結線してみたところとりあえず動くみたい。
息を吹き込むと簡単に値が動きます。
ただヒステリシスがある感じで元の値に戻ってきません。
というか最初の平衡値とちがう。。。定格オーバーで壊しちゃったかな?(^^;)

回路図起こしたんですがTIのP27L2ってアンプ?
回路構成自体は定電流回路+計装アンプだと思いますが。。(憶測)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル