Tactics Ogre de Endless Battle Vana Edition @wiki ブリュンヒルド

メニュー

  • トップページ
  • FAQ
  • クラスリスト
  • 装備リスト
  • 装備レビュー
  • タロットカードリスト
  • データ集
  • その他
  • 拾いアイテムまとめ
  • テストページ練習用
ウォーレンレポート
管理者用





リンク



前月 2017年12月 翌月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



累計  -
今日  -
昨日  -


更新履歴

取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブリュンヒルド

攻:SS(ACE:Lv84) 命:S 回:1 消費:160 属性:聖 片手 攻↓ 避↓ 避↑
CC:ロード ドラグーン(フェンリル)
武器攻撃力内部値:初期値18000→(38:SSS 20051)→(84:ACE 22536)→最終 23346
派生:にぎりがくさい剣→オウガブレード→ブリュンヒルド

握り派生の一翼を担う聖剣であり、名剣である。 ロードになりたいが為に、これに派生させる人も多いはず。

が・・・lv99にまで鍛えた後、攻撃力の平凡さに絶望し、怒りが込み上げてくる剣である。

冷静になって使ってみれば、威力・消費MP・防具との相性・条件を満たせばロードへCC可能等
剣単体の威力より、所持したキャラの完成度を高める事への貢献性の高さこそが最大の利点と気づく。
ちなみに防御が0の初期キャラと思しきユニットにパラディン(攻4)にてブリュンヒルド+初期レア指輪
(無属性)を組み合わせて捨て身で攻撃を実行した所、5万を少々オーバーするダメージを与えた。

武器自体の命中率よりもキャラ性能での先制率、命中率が色濃くクローズアップされている印象を受ける
Vana鯖においては、命中Sも先攻時の絶対的な利点とはなりえず、戦略時の使い勝手を予想する為に
ウォリアーの時は戦法に捨て身を多用していたが、余りの命中率の悪さにかなりの苦痛を感じた。
DA→捨て身で2キルのコンボは命中+1程度では到底実現出来なそうなレベルであった。

ブリュンヒルドの命中はSであるが、攻4↑のクラスならば2キル可能な攻撃力を確実に活かしきる為に
敢えて命中の高い職業をお勧めしたい。 

全てにおいて万能、故に凡庸。 それがブリュンヒルドという剣である。

(デミトリアス)


ロード&ブリュンヒルド&属性盾というある意味鉄板な組み合わせで使ってみた印象を。
命中Sは+4補正と組み合わせる事で普通に戦う限りにはまず外れる事はない。
消費の少なさからDAを連発出来るため、捨て身を使う必要性も薄く、命中で困ることはまず無いと言って良いだろう。
また、DA連発により盾の防御力を活かし、着実に削り役をこなせる。
しかし悲しいかな、火力の低さは誤魔化しきれない。攻+4で防+0職相手にDAで40000~45000、つまり盾を持たれる
と2キルが見えなくなってしまう。
やはり盾を持って耐久力を上げる、あるいは高機動職でごちを狙う、等の手段で継戦能力を上げることが至上課題と
なるだろうか。前者なら要塞相手でも捨て身・DAを2発喰わなければまず3連戦でき、後者なら捨て身主体で戦えるた
め、まずMPが尽きる可能性は無い。靴を持てばRISKも溜まりにくいためこれも選択肢の1つだろう。

汎用かつ凡庸、故に自分の好みの付加要素をトッピングして方向性を決めるのが賢い選択だと思われる。
(ライド・ザ・ライトニング)