※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ク――クモ女さん……」

 クモ女さんの複数の手足が、俺の体を固定して離さない。

「ボウヤ……いいから私に任せておきなさい」

 そして彼女の前右足が俺の股間をまさぐり始める。

「う、うわぁぁああ!」
「あら? 全然大きくなってないじゃない。イケナイ子ね……」

 少し苛立ちのこもった声。
 クモ女さんは(ry

省略されました。続きを読むにはアポロガイス子アポロガイス子と書き込んでください