vsmtdog @Wiki 縦読み

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

縦 読 み - 初心者向け解説


縦読みとは2chなどにおいて一般的に用いられる文法です。
書き込みの意図を隠して掲示板等に発言し、密かに馬鹿にする目的があります。
従って、文章をマトモに読んでマジレスしたりすると、思いっ切り笑われますので要注意です。

相手先に凸した場合において、お馬鹿な管理人の防御的削除反応に対抗するため
あたかも賛同・同意書き込みに偽装して、脊椎反射的削除から逃れます。
その書き込みが残って思うようなレスが帰れば書き手の勝ちで、思いっ切り笑ってあげましょう、
見抜かれて消されてしまえば書き手の負けで、さらに高度な物を考えましょう。
この攻撃を受けると、ごく普通の文章でさえ縦読みではないかと疑って掛かり始めます
よって読み手は疑心暗鬼になりながら読むことになり負担が増えます。

どのような文章なのか具体例をあげながら説明して行きます。

実 例 解 説


例 1-1
犬連れ登山についてはいろいろ言う方が多いですが、犬と飼い主が登山の経験をしっかり積み、
なすべき事をきちんとすれば問題はないと思います。谷川岳は私も行きましたが犬もロープウェイOK。 
べんりな世の中になったものです。谷川は全体的に理解がある感じで、他の登山者の人からも 
好意的に見られていました。良識ある行動を積み重ねればよそでも理解は得られるはず。 
きっとこれからも技術とマナーを兼ね備えた登山者が、啓蒙活動を通じて増えてくると思います。
ですから、犬連れ登山者にとってこれからの展開は、我々の成熟にかかっています。
すべての人達に見て欲しい素晴らしいホームページであると思いますので 
たとえこの掲示板で中傷じみたことを書かれる事が有っても信念を曲げずに頑張って下さい。 
ベストを尽くせば犬連れ登山に理解のある人も増えて必ず道は開けてくると思います。 
たまたま訪れたのですが良い意見が沢山あるのを見てほっとしています。 
いつの時代にも自分勝手な人はいます。最後に勝つのは信念を持っている方です。頑張れ!

サンプルは実際に使われた文章に手直しを加えてあります。
また説明用にわざと原文を直していない部分も残してあります。

この程度であればカンの良い方はすぐに気が付きますね
そうです各行の先頭を上から下に読むことで別の意味のある言葉が浮かんできます
「犬なべ好きですたべたい」 おやまぁ・・・

このように賛同書き込みに見せかけて別の言葉を埋め込んでいきます。
判別方法としては文章全体の脈略が少し不自然な感じがするのが一点目
先に述べた、わざと直さなかった部分でも見分けが可能です。
三行目の先頭「べんりな世の中・・・」何故か平仮名書きになっています
また三行目と四行目の改行も不自然な感じが出ています。
これは文字と位置を合わせるために起こりますから
漢字を使用せず不自然な平仮名使用と改行の不自然さが見抜くコツの二点目です。

先頭列の縦読みでは容易に気が付かれますからもう一歩進めます
以下は説明用に作ったサンプルです。
例 1-2
良いサイトがあるとお友達に勧められてお邪魔しに来ました。
噂通り勉強になる内容が盛り沢山なサイトですね
無知な私にはただただ感心する事ばかりで驚きの連続です  
今までの知識は何だったのだろうと恥じ入るばかりです
管理人様の熱狂的なファンになってしまいそう(#^.^#)
ここを早く知っていたらと思うと、とても残念でなりません    
知識の宝庫って感じがするほどの凄いサイトだと思います。
いつも巡回するコースに入れさせて頂いてまたお邪魔しますね♪
すぐに判りましたか?
こんな書き込みをされてホイホイと「有り難うございます」なんてレスしたら
それこそ物笑いの種にされてしまいますよ。
「あなたは狂ってる」 7列目を縦に読むだけです
位置をずらすだけでも偽装効果がかなり上がります。


読み手の方も免疫が付いてくると先の偽装でも容易に見抜くようになります
そこで例1-2の方法によらず別の手段が用いられる事もあります、

以下は説明用に作ったサンプルです
例1-3
外国は日本と違って犬が暮らしやすく楽しく豊に暮らせると聞いています
地域の人達も犬を飼うことに凄く理解があって良いなぁと思います。
基本的に生きのもを大切に扱う精神が日本とは違うのでしょうね
ろくでもない人達が多い日本の現状とは大違いと言えますね
えっと、管理人さんはこうした人達と戦っているんでしたね
消防活動にも救助犬が採用されたり新しい広がりを見せています
くまなく日本中に行き渡って災害救助活動に活躍して欲しいです
早く人命救助にも生せる体制が出来ると地域の人の目も変わると思います。
如何ですか?何処の列を上から読んでも意味のある言葉は見つかりません
もうお気付きですね 先頭列を下から上に向かって読むだけです。
「早く消えろ基地外」
単純に上下を逆にしただけですが、常に各列を上から読む癖が付いてしまうと
このような簡単な偽装にも気が付かなくなる事が有ります。
上から読んだり下から読んだり結構面倒なことになりますね。

では実際に投稿された例を載せておきます
例1-4
私はいつもこの掲示板の書き込みを楽しみにしております。
いやな書き込みも多いでしょうが負けずに頑張ってくださいね。
たとえばノーリードの件にしても充分な躾がなされているので有れば
山岳救助訓練などで山に入っても全く問題ないどころか、そのような
訓練はやはり現場でないと役に立たないと思います。管理人様の愛犬
様もかなりの躾がなされているようですから、問題ないと思います。
こればかりはやはり長く時間が掛かっても犬は家族で切っても切れな
いものとして認知して貰うほか有りませんね。
またこの掲示板を楽しみに覗きに来ますね。愛犬家の為にも頑張って!
この例は実際に投稿され、それを指摘する書き込みがなされるまで
削除されずにある程度の期間は残っていました。

こんな書き込みをされて調子に乗って良い気分に浸っていたとしたら
「このばかは救えない」ってお馬鹿さん認定をされますよ

実際にご丁寧にコメントを付けた例を追加しておきます


※フォントの関係で少しずれて見えますが斜め読みの例ですね
投稿タイトルにもひねりが有りますねぇ
以下の文の通り とは 以下の文の囮(おとり) でしょうね



もう一つご注意を・・・
何処かの列に縦読みを見つけても決して油断してはいけません
高度な技術を持った人が作ると、幾つもの列に埋め込まれていることがあります。
しかも上から読んだり下から読んだりで芸術品並の出来映えと言えます。
そんな書き込みに出会ったら投稿者をたたえましょう。


ここまで読んで列を縦に読む技術を身につけた貴方、
これでもう完璧と思ったら、世の中はそんなに甘くないw
こちらも実際に投稿された例です
例2-1
管理人さん、こんばんわ。 このHPへの投稿が多いと聞いて、思わずカキコします。
生理的に犬嫌いの人は居ますが、ここまで嫌う人のことが信じられません。
現代人は、既に犬と共存して生活しているのですから、新しい共存のルールを作るべきです。   
わたしは、犬と人間の共存は可能であると信じています。
時代遅れた意見など、聞く耳を持ちません。
今はただ、だれもが自由に野山を駆け回れるような世の中になるよう祈るだけです。
管理人さんへの応援は遠い所からも届いています。
もはや犬好きのぼくらのヒーローなんです。
どうぞ負けずに、けがをしないで、犬連れ登山を続けて下さい。 応援しています。
この例はどの列を上下から読んでも問題になる言葉はなさそうです。
でも実際には「管理人はただのぼけ」と埋め込まれています。
一列目先頭から埋め込まれているので比較的発見は楽ですね。
右下がりに斜めに読んでいけば良いだけです。
縦ばかり気にしているとこんな事も仕掛けてこられます。
この斜め読みにも先のパターンのように先頭列から始まらなかったり
一番下の行から右上がり・左上がりに読むこともありますので注意を怠らないようにしてください。

簡単な例を作ってみましたので参考にしてください
例2-2
ここは内容の濃い本当に勉強になるサイトだと思います
身近には相談相手じゃなくて知識を持った人が無くて困っていました
家の犬はお手だけでじゃれつくばかりで他の芸もしないし
外へ散歩する時もこんな我がまま犬は大変だねと言われています。
こうなる前に今まできちんと躾をしてこなかった飼い主の責任ですね
こんな馬鹿な飼い主ですがこれからも宜しくお願いします。
わずか6行の文章ですが別のメッセージを埋め込んでみました。
短い挨拶文ですので見つけるのは楽だったと思います。
「こんなじじい相手するな」ですね
えっ?何処に書いてあるかわからない?ご冗談も程々に。。。
左上がりに読んでいき、今度は左下がりに降りていく
こんなパターンもあるって事も覚えておいてくださいな。


最後に

つたない解説で受けを狙った物ではなくて済みませんです。
高度な物で気が付く人もない文章を作れるのは凄い才能と言えます
間抜けな人が気が付かないのを一人で笑っているのも一興ですが 
下手な作品は信者扱いされるという諸刃の剣 素人にはお勧めできませんね
無理のないご使用でご利用は計画的に! ←サラ金みたいですな(笑)
どのくらいの仕掛けをするかは貴方の腕次第と言えます
上手く釣れたら貴方が勝者となる知的パズルかもしれません。
これで解説は終わりですが、何時何処で貴方に仕掛けられるかも分かりません
この文章自体が斜め読みになっているのですから・・・












添付ファイル