※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

他のアプリとの連携

Excel

『VectorWorks と Excel ジョイント』

VectorWorks を Excel の一部にしてしまう(Excel → VectorWorks)

測量データを取り込んで敷地図を書くときに便利です。
  • 手順 A-1 《Excel で何らかのデータを計算、編集してまとめる》

まず、Excel で次のような簡単な表を作って下さい。(数値が多少異なってもかまいません)

  • 手順 A-2 《手動で Excel データをファイルに書出す》

この表を、Excel のファイルメニューの [名前を付けて保存...](Windows)または [別名で保存...](Macintosh) を選択して、

『テキスト(タブ区切り)』で保存します。

ファイル名は、『ExlTest01』 とでもしておきましょう。 Windows の場合、自動的に 「.txt」 という拡張子が付きます。
Macの場合、拡張子は自動的には付かないので、VWのワークシート取出しのときに自 動的に付く「.export」という拡張子をつけておくのがいいでしょう。
Mac の Finder または Windows の Explorer で、どこにファイルが作成されたか確 かめましょう。

ここで VectorWorks を立ち上げます。
  • 手順 A-3 《手動でファイルをVWのワークシートに読込む》
    • Excel で作成されたデータをVectorWorks に読込む一番ポピュラーな方法は、VWのファ

イルメニューの[取込む〜ワークシート...]を使う方法です。

  • このメニューを実行するには、あらかじめ取込み先のワークシートを開いておく必要

があるので、
リソースプラウザの「リソース」ポップアップメニューから
「新規:・・・・」〜「ワークシート...」を選択し、作成します。
大きさは、10行×5列のままでかまいません。名称は『頂点データ』とでもしておきましょう。

  • このワークシートを開いた状態にしておいて、VWのファイルメニューの

[取込む〜ワークシート...]を選択します。

  • ファイル選択ダイアログが開きますので、先ほどEXCELで「テキスト(タブ区切り)」

保存したファイル  『ExlTest01.txt』(Windows) または  『ExlTest01.export』(Macintosh)を選択します。

  • 開いているワークシートに先ほどのデータがめでたく取込まれました。
  • これで準備完了・・・
  • 手順 A-4 《VWワークシートに読込んだデータを元に図面を作成、描画する》

ここで、次の Script を実行して下さい。(テキストファイル添付)


☆☆☆この後つづく〜☆☆☆

  • お試し版のExcelで始めてみました。[取込む〜ワークシート...]のところのウインドウではグレーでファイルを認識しないんですよ〜〜どうして?因にNumbersで(正規版)、試してみましたが同じくグレーでした。??? -- *nora
  • ???どうしたんでしょうね(^_^; Leopard で何か変わったかな?取りあえず、ファインダーの「情報を見る」でファイルの種類は、どうなっていますか?『テキストエディタ』等で、開く事は出来ますか? -- *べる
  • できました!恥ずかしながら、保存の仕方を間違えて考えもなしにやっておりました。 -- *nora
名前:
コメント:

Excel を VectorWorks の一部にしてしまう(VectorWorks → Excel)

名前:
コメント: