※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



割と適当に名前を変えてまとめてみた。
ただし、上のシステムでは「エンチャントでたくさんカード出す」→「魔法戦士同士の攻撃」だったのを、1ラウンドで「エンチャント」→「攻撃」に変更してある。何かヒマになりそうだったんで。

基本は
「魔法術師がエンチャントでカードの候補を増やす」
「魔法戦士がアタックしてアドバンテージを増やす」
「最終的にアドバンテージが多い方が、多くのダメージを与える」
っつー感じです。

バトル


1)エンチャントセットアップ
2)エンチャントチェック
3)エンチャントダメージチェック
4)アタックセットアップ
5)アタックチェック
6)アタックダメージチェック
7)アドバンテージチェック
8)ネクストラウンドチェック
9)ラストダメージチェック


1)エンチャントセットアップ

 魔法術師はエンチャントをセットアップする。
 手札か山札から、裏に伏せて1枚カードを場に出す。
 またはカードを出す事をパスする。

2)エンチャントチェック

 エンチャントが発動するかどうかチェックする。
 同時に出したカードをめくる。
 次の条件を満たせばエンチャントは発動する。

  • 出したカードの数値が自PCの「発現値」以下である。あるいは、【得意スート】のカードであり、使用条件を満たしている。
  • 今出した札を含む場札に、同じ「数」のカードがない。

 発動したエンチャントのカードは「場」に置かれる。発動しなかったエンチャントのカードは捨て札となる。

3)エンチャントダメージチェック

 エンチャントの発動に失敗した場合、次のダメージを受ける。もしくはハプニングが発生する。

  • 発動に失敗した
  MP:-1
  MPが0になった場合は、ただちに衣装を消費し、MPを回復させなければならない。
  • 場札と同じ「数」のカードを出した
  ハプニングが発生する。
  ただちに山札から3枚のカードを引き、それを「場」に追加する。
  このカードは「ハプニング」を引き起こさない。また、このカードは「発動したエンチャント」になる。

4)アタックセットアップ

 魔法戦士はアタックのセットアップをする。
 手札か山札から、裏に伏せて1枚カードを場に出す。
 またはカードを出す事をパスする。

5)アタックチェック

 アタックできたかどうかチェックする。
 同時に出したカードをめくる。もしくは、自分の仲間がエンチャントとして場に出したカードを指で示す。この時、出したカードは元の手札か山札に戻る。
 次の条件を満たせばアタックできたことになる。

  • 出したカードの数値が自PCの「発現値」以下である。あるいは、【得意スート】のカードであり、使用条件を満たしている。
  • ふたりのカードが同じではない。

6)アタックダメージチェック

 アタックに失敗した場合、次のダメージを受ける。もしくはハプニングが発生する。

  • アタックできなかった
  HP:-1
  アタックの権利を失う。以後アタックできない。
  • 同じカードを出した
  ハプニングが発生する。

7)アドバンテージチェック

 アタックできた場合、アドバンテージを得られたかどうかチェックする。

  • お互いアタックできた
  アタックに出したカードの数値を比べる。【得意スート】で出した方は数値を+2する。
  数値が高いほうがアドバンテージに+1する。
  同値であれば、どちらにもアドバンテージは入らない。
  • 片方だけアタックできた(もう片方はアタックに失敗)
  アタックできた側は、アドバンテージに+2する。
  • 片方だけアタックできた(片方はカードを出さなかった)
  アタックできた側は、アドバンテージに+1する。

8)ネクストラウンドチェック

 アタックの権利を持っている魔法戦士は、次のラウンドに進むかどうか選択することができる。1)に戻る。
 どちらもアタックの権利を失うか、放棄した場合、9)ラストダメージチェックに入る。

9)ラストダメージチェック

 アドバンテージを比較する。
 獲得アドバンテージが多い方は、その分だけ相手のHPを減らす。
 獲得アドバンテージの少ない方は、その半分(端数切捨て)だけ相手のHPを減らす。
 獲得アドバンテージが同じ場合、双方その分だけ相手のHPを減らす。
 双方のアドバンテージを0にする。
 双方にアタック権を与える。
 場札を山札に戻す。
 山札を切りなおす。

1~9までの流れを「バトル」と呼ぶ。
決められたバトル回数だけ、バトルを繰り返してよい。

  1. より多くの相手を倒した側
  2. 変わらない場合、より多くのダメージを与えた側

が勝利となる。
通常、どちらかが降参するか、HPが0になった段階でバトル終了となる。


ハプニング


エンチャント・ハプニング(エモーション・イベント)


フレーバー

 魔法が関係しているのかどうかわからないが、とにかく色々なハプニングが起きる。これを「エモーション・イベント」と呼ぶ。

エモーション・イベントの処理


  ※スート→数字、という感じでイベントの概要が決定し、かつそれがどういうことかをイメージで処理できればよいか?



アタック・ハプニング(マナ・ストーム)


フレーバー

 お互いのアタックの魔力が拮抗した結果、逃げ場を失った魔力は単位空間あたりの密度を増し、やがて強力な魔法反応を起こして暴走する。暴走した魔力はより強力な魔力を見つけては「食い」ながら成長し、やがて拡散、崩壊、消滅する。この現象を「マナ・ストーム(魔素嵐)」と呼ぶ。

マナ・ストームの処理


  マナ・ストームは魔法術師にのみ影響を与える。
  なぜなら、魔法術師は強い魔力を持っているため、マナ・ストームが吸い寄せられやすいからである。

 1)マナ・ストームの力の決定
  そのバトルに参加している全PC/NPCは、それぞれの山札からカードを引く。
  各人、失敗するまで引きつづける。
  失敗した札を含めて、それらは全て場札となる。
  全員が札を引き終わったら、マナ・ストームの処理が開始される。

 2)マナ・ストームの処理
  「魔法術師」のうち、一番大きい数の札を出した者に、マナ・ストームの力が行使される。
  同じ数を出していたら、もう一枚ずつ山札からカードを引き、大きい数を出した方が選択される。そこで引いた札も場札になる。
  まず、選択された魔法術師が身につけているうち、一番大きいマナ変換力を持つ衣装が無くなる。
  そのマナ変換力分、場札を減らす。
  衣装を飛ばされた魔法術師は、山札から1枚カードを引く。その「数」の分だけ、自分の左隣から時計回りに魔法術師(すでに衣装が無い魔法術師は飛ばす)を数え、次の犠牲者を決定する。引いたカードは場札になる。
  以下、この処理を場札が無くなるまで繰り返す。場札が無くなったら、次のカードを引かなくてよい。
  場札がなくなる前に、全魔法術師の衣装がなくなったら、次は魔法剣士を数え、そのHPを使って同様に処理する。
  場札がなくなる前に、全魔法戦士のHPがなくなったら、マナ・ストームの処理を終了する。

 3)感情の処理
  魔法術師、魔法戦士の感情の処理を行う。