※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前などは仮決定

会長:賢坂辻うずら

 麒麟(の君、様)、土行(様)。
 武器は超大剣
 爆乳ちび。
 身体からは想像できない剛剣士。自分の身長を越える大きさの、「某マンガにでてきたような」鉄塊のごとき西洋剣を自在に振り回す。
 魔法戦士科の会長は、通例として、毎年12月に開かれる魔法戦士科の一大イベント、年度別異種闘技大会の優勝者が選ばれる。心技体揃ってなければ、まず優勝できないからである。
 その中で彼女は、対戦者の武器とプライドを、文字通り力づくで打ち砕きながら勝ち進み、とうとう優勝してしまった。口より先に手が出るタイプなので、教師陣の間で「心に欠ける者を会長にするのはどうか」と大論争になったが、他の執行部員(候補)が口を揃えて「会長に相応しい」と推薦したのが決め手となり、会長に選ばれた経緯がある。何だかんだ言って愛されているようである。
 ちなみに決勝は不戦勝。
 今のところ【絆】はいない。



副会長1:本城宗一

 青龍(の君、様)、木行(様)。
 武器は槍
 技の1号。長身、細身、ルックスよし。外見はクールだが内心はホット、という「イマドキの主人公」タイプ。「神槍本城(しんそうほんじょう)」とも呼ばれる。
 実力では会長に勝るとも劣らないと言われているが、闘技大会では準決勝で十文字(下記)と戦い、ダブルノックアウトに終わったため、会長とは戦えなかった。
 十文字とは大親友。
 【絆】は「青龍」美作由紀野 。「外見上は」普通にイケてる高校生カップリング。結構ラブラブらしい。ちなみに本城はあの「ヤバい」のニュアンスを正しく理解できる、稀有な人材の一人。



副会長2:十文字虎鉄

 玄武(の君、様)、水行(様)。
 武器は斧。
 力の2号。長身、マッチョだが実はイケメン。豪胆で包容力が高い、という「主人公の親友」タイプ。「豪斧十文字(ごうぶじゅうもんじ)」とも。
 こちらも実力では会長に勝るとも劣らないと言われているが以下略。
 本城とは大親友。
 腐女子の間では激しいカップリング論争が繰り広げられている。
 【絆】は「玄武」加賀見レイカ 。落ち着いた大男と妙にアッパーで声のでかい二人のカップリング。お互い大雑把に見えて、意外と繊細で面倒見がいい所が不思議と似ている。チビと野獣という説あり。

下の絵は仮

会計:近江十蔵

 朱雀(の君、様)、火行(様)。
 武器は素手(ステゴロ)か長ドス。
 痩せて引き締まった身体、老けた顔、鋭い眼光。任侠映画から出てきたような風貌だが、まだ17歳である。「近江の親分」と呼ばれることもある。
 普段は着流しを着ている。学生服が多い魔法戦士科の中にあって、このスタイルは特異である。
 放蕩な姉と違い、無口で几帳面で思慮深い。
 会長とは準決勝で対決。会長の豪打を紙一重で避けつつ必殺の一撃を狙う十蔵、という、緊張感のある名勝負であったが「女と子どもに手を上げない」というポリシーを破り切れずに敗退。
 【絆】は姉の近江九重 。どちらもただでさえ怖い外見なのに、二人並ぶとなお怖い。
 集めたつもりがないにも関わらず、舎弟(弟弟子)が大変多い。「近江一家」「近江組」などと呼ばれる。



書記:仙道=ジャンヌ=沙耶迦

 白虎(の君、様)、金行様
 武器はアーチェリー
 フランス人と日本人のハーフ。
 モデルばりのスタイルとルックスを持つクール・ビューティにして弓使い。弓の使い方は映画版指輪物語の、レゴラスの戦いっぷり参照。
 ある意味過酷な「準々決勝敗退者ランブルマッチ」を勝ちぬいた。
 【絆】は「白虎」出雲操 。魔法術士が前衛、魔法戦士が後衛という、大変に珍しい組み合わせとなる。
 男性的な術士と女性的な戦士、前衛後衛の逆、しかも同性という、どこから切っても倒錯的なカップリング。この空気にやられた追っかけの女生徒は数多い。

名前:
コメント: