※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

卒業生の進路


皇立魔法学園高等部を卒業したあと、どんな進路があるのか

皇宮警察

『やんごとなき』お方や場所を警護するのが役目の警察です。
魔法学園卒業生はその知識や能力を生かせるため、進路として選ぶことがよくあります。
魔法術士科、魔法戦士科ともに歓迎されます。

宮内庁

これもやはり『やんごとなき』お方や場所にゆかりの深い政府系組織です。
卒業生はいわゆる『実働部隊』として活動することが多いようです。

皇立魔法学園大学校教育学部

将来は魔法学園の先生……後進の育成に当たる、重要な仕事です。
どちらかといえば魔法術士科の卒業生の方が比率は高いようです。

普通の高等教育機関(大学・短大・専門学校)

大半は『在野の魔法使い』として、ヨミから人々を護る役目に就きます。
そのカモフラージュとして、一般の高等教育への進学を選ぶのです。
ただし、ごくごくわずかですが、魔法使いではない普通の人としての人生を選ぶ生徒もいます。
その場合、経緯にもよりますが、魔法に関する記憶を封印することになることがほとんどです。

宗教法人

神道、仏教その他の宗教法人の一員となる生徒もいます。傾向としては神道が多いようです。
実家が神社だった、とかいうのはよくある話。