※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あなたは - 人目の訪問者です。
(本日 - 人目)(昨日 - 人)

主将挨拶


こんにちは。体育会ワンダーフォーゲル部主将の岡田です。
富士山の世界遺産登録や往年のアウトドアブームで「登山」への需要は高まっていますが、我が部のフィールドは山に限りません。
そもそも、ワンダーフォーゲル(Wandervogel)とは19世紀ごろのドイツで行われた青少年活動のことです。
野外活動をする中で団体としての意識や技術を学ぶ場でありました。ワンダーフォーゲルはドイツ語で「渡り鳥」という意味です。渡り鳥のように部活で一体となり、群れを成して様々な場所を訪れ、歩き、登ります。
山頂での景色を観たい、とにかくハードな山登りをしたい、自然を満喫したい、みんなでワイワイ楽しくやりたいなど、我が部への関わり方は多種多様で構わないと私は考えます。
その為のサポートも全力で行います。我が部「ワンゲル」はひとりひとりがレギュラー。皆さんの各々の活躍と充実した「ワンゲル」ライフに期待です。
最後になりますが、いつも現役を支えてくださっているOB諸氏、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
我が部は遂に60代を迎え、今後も更なる発展を遂げていくことでしょう。
これからも末長く現役とお付き合い頂き、御指導下されば幸いです。

第60代主将 岡田稚彦