※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2010年8月12日(木)~17日(火) 北アルプス(表銀座)

猛暑・猛暑・猛暑…と騒がれる中、山の稜線での気温はやはり寒かった。
風が強く、強く雨が降りしきる経験ができたことはよかった。
個人的な体感温度は10度前後ではないかと思ったほどである。

3000m近い地点では一般的に下とは15度違うと言われている。
だがしかし…
雨に打たれ冷え切った身体を温かい仲間とともに支えあった。
なんてメルヘンなことはないけども!笑

ワンダーフォーゲルは全員登山を前提している。
あいにくの天気 部員の体調不良・・・等
やはり山は難しい。

大天井・常念岳の断念は我々の勇気ある決断だと誇りに思う。

同じ北アルプスでの遭難事故 他大学の沢での鉄砲水死亡事故が騒がれる中で
全員無事に帰ってこられました。

みんなお疲れさまでした。

今回帯同してくださった、前原監督、山口先輩、工藤先輩に感謝と見送りに来ていただいた各先輩に無事下山したことをここに報告させてもらいます。



☆活動報告☆(体調不良者に関して個人名を出すことは控えさせてもらいます。)
12日 曇→雨。順調に出発。雨が降り出す中、中房温泉テン場到着。テントを張ってここに泊まる。20時就寝
13日 曇。4時起床。燕岳を目指し6時出発。燕岳登頂に成功。標高2762.9m。この過程で体調不良者Xが出る。
L集で明日以降のシミュレーションを確認し、20時燕山荘のテン場にて就寝
14日 雨。4時起床。常念岳を目指す。体調不良者Xの点滴を待って出発を90分遅らせる。7時30分出発。
60分くらいの稜線歩きの途中でXの体調の悪化に伴い、引き返す。この日も燕山荘のテン場にて宿泊。
L集で明日以降のシミュレーションを立てる。20時就寝
15日 曇。4時起床。低気圧の接近とXの体調不良に伴う人手の不足から中房温泉のテン場に下りることをメンバーに伝える。
中房温泉テン場到着。統一食当を行う。20時就寝
16日 曇。4時起床。7時に貸切バスに乗り込み、小梨平キャンプ場に移動。上高地周遊する。
夕飯は統一食当。反省会をやり、キャンプファイヤーをする。就寝時間はなし。
17日 晴。7時起床。朝から統一食当。その後河原で解散式をやり、バスでホテルに移動。
チェックインを済まし、パーティごとに分散打ち上げ、21時30分から全体で打ち上げをする。

☆以上活動報告概要☆