※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2011年5月2日(月)~4日(水) 鹿島槍ヶ岳

99年度 山口先輩をリーダーに、上級生対象で鹿島槍のピークハント行いました。
天候は悪くないものの、やはり稜線の風の強さは身体を裂くように痛いときもありました。
さらに残雪時のキックステップに大分苦戦し、最後は膝がガタガタになりましたが、無事に登頂を果たせたことはよかったと思います。

メンバー
SL近田 航平(09年度) M小林(09年度) 布施(09年度) 西元(09年度) L 山口 剛史(99年度)


初日は駅寝デス 登山口。俺たちが舵をとる…行くぞ オッ!
夏道は閉鎖され、南尾根を歩きます しょっぱなから急登。ここは我慢して耐えていきました
ふと後ろ見ればこんな斜面
前方に爺ヶ岳。近いように見えるんですが 長い。長い。疑似ピーク付きでなおダメージ。このガレ場の登りにかなり体力やられました。
今日のテンバを求めていざ冷池山荘へ あの赤い屋根がそうです。これもなかなか着かずにイライラ。
到着 セッピです。ぞくぞくする。
この他にもたくさんありました 山中二日目。鹿島槍に向けて出発
苦労して手に入れた達成感の瞬間 寒いし、風強いし、顔痛いし、視界も良くない厳しい環境下を経験できました
ライチョウも多く生息されているみたいです
あゝ美しき、立山連峰よ
あゝ見よ、剣岳を