※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

参加メンバー
L.大野 真幸(3年)  SL.進藤 大聖(2年) M.杉田 翔(4年)、田中 純平(4年)、曽我 卓也(1年)

幕営地

8/5赤石小屋(テント泊)
水場あり、テン場は狭いため早くいかないとてんとをはれない可能性もあり。
8/6荒川小屋(テント泊)
水場あり。テン場は広い。
8/7千枚小屋(小屋泊)
水場あり、小屋は食事付用と素泊まり用に分かれている。素泊まり用は小屋から少し離れているところにあり。

メインピーク
赤石岳(3120.1M)
悪沢岳(3141M)

天候
8/5晴れ→曇り→雨

8/6曇り→晴れ

8/7晴れ

8/8晴れ

危険箇所

中岳避難小屋から悪沢岳の稜線上と悪沢岳から千枚小屋の稜線上はがれ場であり三点支持をしなければいけない箇所もあり。天候は安定していたが強風時や雨天時などには特に足元には注意。
留意事項
  • 交通アクセスが悪い。金銭面で少し負担がかかる。
  • 畑薙第一ダム以北は稜線上以外ではドコモでも携帯の電波が通じない。
  • 東海フォレスト送迎バスに乗る場合は3000円を事前に支払い貴社が契約している山小屋に必ず1泊小屋泊をすることが条件である。
  • 東海フォレスト送迎バスはピーク時には臨時バスの運行もあり。
  • 赤石小屋のテン場は10張程度しか張れないため狭く、山小屋は広いため小屋泊をする可能性もあり。
  • 千枚小屋は素泊まり用と食事つき用の小屋に分かれており、素泊まり用の小屋は小屋から3分程離れたところにある。

感想
南アルプス南部ということで近年では計画されていない個人山行を夏前で計画しました。全体としてはアクセスが非常に悪く、夜行バスでは寝る環境が最悪だったため、睡眠時間を大いにとることができず、初日の行程はハードでした。しかし、ルートは整備されており、天候にも恵まれたため、読図をしたり、景色を十分に堪能したりする余裕があり、個々の役割に集中する時間は作れました。また来年、後輩が夏前に同じ山域で山行を出してくれることを期待しています。

報告者
大野