狙撃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狙撃とは長距離から、気づかれること無く、一撃で敵を倒すことです。
圧倒的な物量に対し、精神で打ち勝ち、敵に見えない恐怖を与える。
戦況全体をよく見つつ、冷静になって一点に集中することが大切です。

クロスヘア

画面の中心に出る十字線の目印(狙撃銃では表示されません)
白い十字線に注目してもらえるとすぐ分かるのですが、動くたびに開いたり閉じたりしています。
これが開いてる状態だと、射撃精度が悪く、最も閉じてる状態で最も精度が高いわけです。
高い精度が求められる狙撃では、このクロスヘアの動きに注意しなければいけませんが、狙撃銃ではクロスヘアが表示されない為、気づかない人が多いのだと思います。

射撃精度を上げるには

基本的に動かないこと。移動すれば一瞬でクロスヘアが開くし、マウスを動かしても動かす速さによってクロスヘアが開きます(ゆっくり動かすとあまり開かない)。また、姿勢によっても精度が変化し、低い姿勢ほど高い精度が出せます。

ポジショニングショット(PS)

あらかじめ敵が現れそうな位置に標準を置いておき、目標がセンターに入ったら撃つだけ。最も簡単な射撃方法ですが、体も銃身も全く動かさないので最も高い精度が出せます。PSG-1やBarettを使うならまずこの方法を試して欲しい。

ドラッグショット(DS)

自分から標準を敵に近づけていく射撃方法。PSに比べ難易度が高く、高い反射神経や正確なマウス捌きが求められますが、柔軟な対応ができます。
しかし、銃身を動かすことでクロスヘアが開くため、どうしてもPSより精度が落ちてしまいます。
撃つ直前に一呼吸入れることで、精度の低下を防ぐことができます。
クロスヘアの戻り速度は武器ごとに違うので、実際に撃ってみて感覚を掴む。

クイックショット(QS)

狙撃銃で接近戦を実現する射撃方法。
一般的なFPSではスコープを覗かずに敵に一瞬で狙いをつけ、右クリック(スコープを覗く)のと同時に左クリックを押して発砲すると、スコープ無し時の命中率の低下を防ぐことができる。
しかし、WRではスコープを覗かなくてもほぼ中心に弾が飛んでいくうえに、スコープを覗くのに時間がかかるので、スコープを覗かずに撃つ「ノースコープショット」の方が効果が高い。

ノースコープショット

名前の通りスコープを使わずに射撃を行う方法。SR系ではクロスヘアが表示されないため、画面の中心に敵を合わせて撃つ必要がある難易度の高いテクニック。画面の中心位置を探すコツのひとつとして、銃身線に注目する方法がある。
図の様に持っている銃の銃身の延長線上がほぼ中心位置となる。WRの銃はほぼ全てこの延長線が実際の中心よりやや下になることに注意。



狙撃の基本は不意打ち

ジグザク走行で走ってくる相手などを撃つのは難しいので、相手に気づかれない様に攻撃することが大切です。
狙撃位置は次々と移動し、確実に仕留められるチャンスを待つようにしましょう。
また、ラウンドを挟んで兵科を変え、味方にスナイパーがいないように思わせる手もあります。

心理的攻撃

長い廊下の先にスナイパーがいると分かったら、人はそのルートを避けたくなります。
毎ラウンド同じルートで狙撃し、敵を別ルートに追いやって裏取りを行いやすくしたり、
適当に撃ったら別ルートに移動して不意をついたり、相手の心理を操作しましょう。

射撃練習

http://nextframe.jp/flash/matsnp/matsnp.html
狙撃のフラッシュゲーム。手ぶれのパターンを読んで撃つのがPS。
自分から中心に持って行ければDS。


名前:
コメント:


おまけ

映画「スターリングラード」名シーン

ヴァシリ=ザイツェフ。爆撃の音に合わせて撃つ!