QRC活用術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

QRC(Quick Radio Chat)は素早く味方に指示や報告が行えます。


爆弾設置の告知

ミッションで攻撃側が爆弾を設置する際、味方に設置を告知することが大切です。
敵よりも早く設置の場所とタイミングを知ることで、有利な行動をすることができます。
「周囲をカバーしてくれ」「爆弾を解除する」がよく使われます。

敵の位置を味方に知らせる

ゲーム後半、敵を発見した時にひとりで突っ込むよりは味方に敵の位置を知らせることで勝率が格段に上がります。
「前方に敵を発見」がよく使われますが、発信後に味方がマップで確認することを想定して、しばらく敵がいる方向を向いておきましょう。
また、ゲーム序盤で「前方に敵を発見」が使われた場合、敵があるルートから大勢来ている可能性があります。

治療のお礼は後で

よく、治療している最中に「ありがとう」とQRCでお礼を言っているプレイヤーがいますが、衛生兵からすればお礼は良いから周囲を警戒しててくださいっです。お礼を言うのは治療が完全に終わった後、周囲をクリアリングしてからでも遅くはありません。

ラウンド終了後のQRC

いわゆるラジチャ落ちの原因になるので止めましょう。
また、次ラウンドの始めで「よくやった」などを使うことが一般的になっていますが、
狙撃位置や開幕グレの位置を取りたいプレイヤーはQRCを使ってる暇がないので、冷たい人だなんて思わないでください。

敵の主勢力を知らせる

偵察兵が敵が大勢来ている方向に気がついた時、「右(左)から攻めるぞ」を使って敵の主勢力を知らせます(私しか使ってませんが)。「(敵が)右から攻めるぞ」くらいの意味で思ってくれるとありがたいです。
「A(B)ポイントに敵を発見」なんて言ってもどっちか分からないでしょうし。


名前:
コメント: