※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

=== 一般路線 ===
[[画像:岩国市営Ippan19CR.jpg|thumb|240px|標準的な一般路線用車両<br>(2007年1月12日撮影)]]

[[岩国駅]]を発着の中心点とした運行がなされている。以下に示した先頭の[ ]内は岩国駅から各地へと向かう際に表示される運行路線の系統番号(行先番号)である。

また提示しているバス停留所の名称や経由表記は、路線の分岐点や他路線(鉄道や高速バスを含む)に乗り換え可能な場所などを元に示している。

==== 岩国市西部方面へ向う路線 ====
岩国駅から[[山口県道15号岩国玖珂線]]、[[国道2号]]、[[国道187号]]などを用いて運行している路線群である。

;岩国駅から、東錦見バス停留所(国道2号と山口県道15号岩国玖珂線(旧欽明路有料道路区間)の分流する錦見交差点付近)まで

以下の2つの経路に大別される。

*今津経由:三笠橋交差点まで[[国道188号]]を通り、岩国市役所のある市道(愛称:アカシア通り)- [[山口県道113号南岩国停車場磯崎線]]を経由して今津バス停留所 - (山口県道15号岩国玖珂線(通称・電車道の区間)経由)- 東錦見に至る経路
*砂山経由:[[山口県道50号岩国停車場線]]から国道2号に入り砂山バス停留所を経て、東錦見に至る経路

;東錦見バス停留所(錦見交差点付近)以西から錦帯橋バス停留所まで

以下の2つの経路に大別される。

*裁判所経由:国道2号上の[[山口地方裁判所|山口地方裁判所岩国支部]]等の最寄りとなる裁判所バス停留所を経由後、錦帯橋バス停留所に至る市道に入る路線
*新町経由:[[西岩国駅]]バス停留所を経由後、新町バス停留所を経由して、錦帯橋バス停留所に至る路線(錦帯橋行きと錦帯橋から戻る時で経由する道路やバス停留所が一部異なる)

;錦帯橋バス停留所を発した後の経路
大別して以下の2系統。

*横山経由:錦城橋(岩国市岩国一丁目側)にて、[[山口県道112号藤生停車場錦帯橋線]](旧国道2号区間)から[[山口県道114号新岩国停車場線]]へと入り、吉香公園等のある横山地区へ向かう路線
*国道2号・国道187号方面回り:[[山口県道112号藤生停車場錦帯橋線]](旧国道2号区間)を通り、新岩国駅バス停留所や国道2号沿線および国道187号の沿線地域の方面に向かう路線
*:なお、国道2号・国道187号方面回りの路線は、以下の4つの経由分岐の派生がある。
**下多田経由分岐:国道2号と[[山口県道59号岩国錦線]]の分岐する下多田交差点(岩国市多田)、下多田バス停留所へ停車後に分岐
**上多田経由分岐:岩国IC入口交差点([[山陽自動車道]]岩国ICへの入口)、上多田バス停留所へ停車後に分岐
**新岩国駅経由:上多田経由分岐で新岩国駅バス停留所に立ち寄った後、再び国道2号上の上多田経由分岐の地点へと戻ってくる経由
**錦橋経由分岐:国道2号と国道187号の分岐する錦橋(岩国市杭名)、錦橋バス停留所がある。
*※国道2号・国道187号方面回りの路線は、関戸バス停留所にて高速バス'''錦帯ブルーライナー'''に乗り換え可能である。

;系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
* [12](千石原線):
: 岩国駅 -(今津経由)- 東錦見 -(裁判所経由)- 錦帯橋 -(横山経由)- 千石原
* [13](いちすけ号):
: 岩国駅 -(今津経由)- 東錦見 -(新町経由)- 錦帯橋
* [21](新岩国駅線(砂山経由)):
: 岩国駅 -(砂山経由)- 東錦見 -(裁判所経由)- 錦帯橋 -(下多田分岐)- 新岩国駅
* [22](廿木線(廿木 行)、北河内線(北河内駅 行)):
: 岩国駅 -(今津経由)- 東錦見 -(裁判所経由)- 錦帯橋 -(新岩国駅経由)-(錦橋経由分岐)- 廿木 / [[北河内駅]]
* [4](錦帯橋発着の北河内線で新岩国駅バス停留所を経由しないもの):
:上阿品バス停留所行きの往復経路の扱いの違いにより、3つの経由路線が存在する。
:* 錦帯橋 -(下多田経由分岐) - 上阿品 -(下多田経由分岐)-(上多田経由分岐)- 御庄橋 - (錦橋経由分岐)- 北河内駅
:* 錦帯橋 -(下多田経由分岐) -(上多田経由分岐)- 御庄橋 - (錦橋経由分岐)- 北河内駅
:* 錦帯橋 -(下多田経由分岐) - 上阿品
:※この路線は、戻りの錦帯橋 行となる時も系統番号が変わらない。
* [23](六呂師線):
:岩国駅 -(今津経由)- 東錦見 -(新町経由)- 錦帯橋 -(上多田経由分岐)- [[柱野駅]] - 六呂師 - 大藤

※朝夕の通勤時間帯等に、山口県道15号岩国玖珂線と国道2号が合流・分流をしている錦見3丁目交差点~錦見交差点の間が、車の流れを悪くする原因となることがある。この為、岩国市西部方面に向かう路線に運行の遅れが生じることがある。特に、今津から関所を経由する路線は、岩徳線錦見踏切(西岩国駅の東方)を渡る必要もあるため、一時停止や列車通過待ちの影響がさらに加わる事がある。

==== 岩国駅を始終点とする循環線 ====
コミュニティバスの運行が始まる以前から、岩国駅を始終点として旧岩国市内を循環運行していた路線である。大きく分けて以下の3系統がある。

;平田・梅が丘循環線
岩国駅と、県立岩国高校などのある川西町、梅が丘団地などのある岩国市平田町および南岩国町、アメリカ海兵隊/海上自衛隊基地([[岩国飛行場]])のある川下地区(中津町、車町、川下町)などを結ぶ路線。経由地および循環方向(左回り/右回り)の違いにより、計4路線がある。

'''岩国市西部方面'''や'''岩国市万部方面'''へ向う他路線と運行経路の一部が重なっている上、梅が丘団地などのある地域(岩国市平田町六丁目から同市南岩国町四丁目;以下、バス停留所名にもある梅が丘とも総称する)の運行経路がわかり難い為、便宜上、区間を分割して説明する。

*今津-裁判所経由:岩国駅から錦帯橋バス停留所までは、'''岩国市西部方面へ向う路線'''の今津経由および裁判所経由と同じ経路。
*砂山-裁判所経由:岩国駅から錦帯橋バス停留所までは、'''岩国市西部方面へ向う路線'''の砂山経由および裁判所経由と同じ経路。
*平田経由:錦帯橋バス停留所を発車した後、椎尾神社前の交差点(岩国市岩国一丁目と同二丁目の境)まで市道(旧国道2号区間)を後戻りするなどして[[山口県道112号藤生停車場錦帯橋線]]の狭隘部を迂回し、錦川河岸近くで同県道と合流後は錦帯橋に架かる臥竜橋(岩国町側に同名のバス停留所あり)を渡り、[[川西駅]]の最寄りとなる岩国高校バス停留所を経由して梅ヶ丘団地などへの出入口となる交差点まで、山口県道112号藤生停車場錦帯橋線を運行する。
*梅が丘:梅が丘団地などへの出入口交差点を出入する間は、梅が丘口 - 梅が丘 - 梅田の各バス停留所の順に、団地地域内をほぼ一周する。
*緑ヶ丘経由:梅ヶ丘団地などへの出入口交差点を起点に再び山口県道112号藤生停車場錦帯橋線に入り、[[岩国南バイパス]]と交差する交差点(バイパス南岩国3丁目交差点)より、[[南岩国駅]]バス停留所へ至る市道に入る。
*空港前経由:南岩国駅バス停留所から岩国駅までは、'''岩国市南部方面に向う路線'''の長野尻・潮風公園線と同じ経路。
*大薮経由:南岩国駅バス停留所から岩国駅までは、'''岩国市南部方面に向う路線'''の県営黒磯線と同じ経路。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [31](平田・梅が丘循環線(空港前経由 左回り)):
*:岩国駅 -(砂山-裁判所経由)- 錦帯橋 -(平田経由)- (梅が丘)-(緑ヶ丘経由)- 南岩国駅 -(空港前経由)- 岩国駅
** [66](平田・梅が丘循環線(空港前経由 右回り)):
*:梅が丘を除き、空港前経由(左回り)の経路を逆回りする。
** [32](平田・梅が丘循環線(大薮経由 左回り)):
*:岩国駅 -(今津-裁判所経由)- 錦帯橋 -(平田経由)-(梅が丘)-(緑ヶ丘経由)- 南岩国駅 -(大薮経由)- 岩国駅
** [65](平田・梅が丘循環線(大薮経由 右回り)):
*:梅が丘を除き、大薮経由(左回り)の経路を逆回りする。

※臥竜橋([31]/[32])および 梅が丘口([66]/[65])を境に、系統番号の表示が変わる。
([31]→「アルファベット」+「6」、[66]→「アルファベット」+「1」、[32]→「アルファベット」+「5」、[65]→「アルファベット」+「2」)

;老人福祉センター循環線:
くるりん(→ コミュニティバス)の運行時間前に、老人福祉センターおよび隣接する[[山口県立岩国商業高等学校]]との連絡輸送を行なうための、運行時間が限定された一方向のみの循環運転路線。

*大薮経由(循環線):岩国駅から川下地区内の鰯場バス停留所(大薮の隣、竜ヶ鼻よりは岩国駅寄り)までは、'''岩国市南部方面に向う路線'''の県営黒磯線と同じ経路。
*竜ヶ鼻-老人福祉センター経由:門前川を渡った直後から門前川沿いの地域(竜ヶ鼻バス停留所等)を移動し、山口県立岩国商業高等学校もある老人福祉センターバス停留所へと山越えする。
*山越え以降:下松山バス停留所(山口県道112号藤生停車場錦帯橋線と交差する市道上)を経て梅が丘を巡回した後、岩国駅に向けて往路と同じ経路を戻る。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [50](老人福祉センター循環線):
*:岩国駅 - (大薮経由(循環線)) - 門前 -(竜ヶ鼻-老人福祉センター経由)- 老人福祉センター - 下松山 -(梅が丘)- 下松山 - 老人福祉センター -(竜ヶ鼻-老人福祉センター経由(往路と逆向き))- 門前 -(大薮経由(循環線)(往路と逆向き))- 岩国駅
*:※県営黒磯線上と同じ名称の門前バス停留所(岩国市門前町二丁目)が存在するが、設置位置が約300m程度離れている。

※系統番号が途中で2回変わる。梅が丘口 で[A0]、2回目に通過する 下松山 以降は[A5]。

;牛野谷循環線
岩国駅と西岩国駅、門前川流域の牛野谷町、川下地区を循環する路線。コミュニティバスくるりんの運行時間帯には、原則運行しない。

*砂山経由:岩国駅から東錦見バス停留所までは、'''岩国市西部方面へ向う路線'''の砂山経由と同じ経路。
*西岩国駅-愛宕橋経由:東錦見から愛宕橋バス停留所までは、西岩国駅バス停留所経由で山口県道15号岩国玖珂線を運行。
*錦南-竜ヶ鼻経由:愛宕橋を発車後、門前川の岩国市牛野谷町側を門前バス停留所(老人福祉センター循環線側)まで運行する。以降、竜ヶ鼻 - 岩国駅間は老人福祉センター循環線と同じ経路である。
*大薮経由(循環線):川下地区内の鰯場バス停留所から岩国駅までは、'''岩国市南部方面に向う路線'''の県営黒磯線と同じ経路。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [51](牛野谷循環線(左回り)):
*:岩国駅 -(砂山経由)- 東錦見 -(西岩国駅-愛宕橋経由)- 愛宕橋 -(錦南-竜ヶ鼻経由)- 門前 -(大薮経由(循環線))- 岩国駅
** [55](牛野谷循環線(右回り)):
*:左回りとは逆回りに運行する。

※愛宕橋([51])および 錦南([55])を境に、系統番号の表示が変わる。
([51]→「アルファベット」+「5」、[55]→「アルファベット」+「1」)

==== 岩国市西部方面を経由して南部方面に向う路線 ====
錦帯橋を介して、岩国駅と市南部([[藤生駅]])方面を結ぶ路線。県営黒磯線の別線(運賃設定は別体系)に分類される1路線のみ設定。

*岩国駅から錦帯橋まで:'''岩国市西部方面へ向う路線'''の今津経由 - 裁判所経由と同一経路を運行する。
*錦帯橋から国道188号合流点まで:'''岩国駅を始終点とする循環線'''の平田経由区間を介して[[山口県道112号藤生停車場錦帯橋線]]をさらに東南に運行し、恵比須バス停留所直前にて国道188号に合流する。
*国道188号合流点以南:後述の県営黒磯線(直行基本経路)と同一経路を南下する。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [42](県営黒磯線(錦帯橋方面回り):
**:岩国駅 -(今津経由)- 東錦見 -(裁判所経由)- 錦帯橋 - (平田経由) - 恵比須 - 藤生駅 - 国病下 - 県営黒磯
**:※錦帯橋 に到着するまでは、「錦帯橋」と行先表示がなされる。

==== 岩国市南部方面に向う路線 ====
岩国駅から国道188号線およびその周辺道路を使用して、南岩国駅およびさらにその南部(最南端は旧由宇町内に達する)方面へと至るのを基本とする路線。

;県営黒磯線:
岩国駅から、主に国道188号と[[山口県道113号南岩国停車場磯崎線]]を使用して南下していく路線。

*大薮経由:岩国駅から今津までは'''岩国市西部方面へ向う路線'''の今津経由と同一経路。今津を発車後は、山口県道113号南岩国停車場磯崎線を南下し、尾津バス停留所にて再び国道188号に戻り、南岩国駅バス停留所に至る。
*南岩国駅以南:南岩国駅以南は、国道188号を国病下バス停留所までを派生路線2路線を含めて南下した後、[[独立行政法人]][[国立病院機構]]岩国医療センター(国病正門バス停留所)を経て、山口県営の県営黒磯団地(岩国市黒磯町二丁目)へと至る。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
**[75](県営黒磯線(直行基本経路)):
*:岩国駅 -(大藪経由)- 南岩国駅 - 恵比須 - 藤生駅 - 国病下 - 県営黒磯
** [77](県営黒磯線(一本杉経由)):
*:直行基本経路に、一本杉団地(岩国市海土路町二丁目)の入口へ向かう為の往復運行経路を設定した路線。
*:(直行基本経路と異なる部分のみ明示)- 恵比須 - 灘小学校 - しらかば園 - 一本杉 - しらかば園 - 丸子 - 藤生駅 -(以下略)
** [78](県営黒磯線(海土路団地経由)):
*:直行基本経路に、海土路団地(岩国市海土路町二丁目)、岩国市立中央図書館(岩国市南岩国町四丁目)近傍などを経由する変更がなされている路線。岩国南バイパス(国道188号の別線)を経由する区間(天地 - 海土路団地 近辺)がある。
*:(直行基本経路と異なる部分のみ明示)- 南岩国駅 - 天地 - 海土路団地 - 一本杉 - 丸子 - 藤生駅 -(以下略)

;長野尻・潮風公園線:
岩国駅から主に国道188号のみを使って南下する路線。途中、国道189号との分岐点付近にて、米軍海兵隊/海上自衛隊岩国基地(岩国飛行場)の最寄りとなる空港前バス停留所へ停車する。前述の国病下バス停留所まで南下した後もさらに同国道を南下し、長野口バス停留所(岩国市長野)にて、以下の3つの行き先に分かれるのを基本経路とする。

*[[山口県道141号祖生通津停車場線]]にて、大歳バス停留所(岩国市長野)に至る路線。
*岩国市長野と岩国市由宇町の境付近にある、長野尻バス停留所まで国道188号を南下する路線。
*長野尻を過ぎ、潮風公園[[みなとオアシス]]ゆう(岩国市由宇町;有家近辺)まで国道188号を南下する路線(一度廃止された由宇線を経路変更して復活させた路線)

浪の浦団地(岩国市通津)を経由する派生路線あり。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [86](長野尻・潮風公園線(基本経路)):
*:岩国駅 -(空港前経由)- 南岩国駅 - 恵比須 - 藤生駅 - 国病下 - [[通津駅]] - 長野口 - 大歳/長野尻/(長野尻 - [[由宇駅]]前 - 潮風公園)
** [89](長野尻・潮風公園線(浪の浦団地経由)):
*:(直行基本経路と異なる部分のみ明示)- 国病下 - 保津南 - 浪の浦団地 - 浪の浦 - 通津駅 -(行きと戻りで若干経路が異なる点を含め、以下略)
*:※浪の浦団地経由には、大歳行きの設定が無い。

==== 和木町、および、和木町を経由して市北部方面(小瀬地区)へと向う路線 ====
岩国駅から国道2号線もしくはその周辺の道路を用いて[[岩国港]]のある新港バス停留所(岩国市新港町)に達した後、国道2号もしくは国道2号の前身であった市道などを経由して先端に派生路線を伸ばしている。

;新日石精線
国道2号を北上し、広島県大竹市との境界手前にある栄橋バス停留所を経由し、[[新日本石油]]精製麻里府製油所の前に至るのを基本経路とする。[[岩国港]](山口県岩国ポートビル岩国港)(新港桟橋バス停留所)に寄る経路などの派生路線がある。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [0](新日石精線(基本経路)):
*:岩国駅 - 室の木口 - 昭和橋(岩国社会保険事務所の最寄り)- 立石 - 新港 - 装束 - 栄橋 - 新日石精
** [1](新日石精線(新港桟橋経由)):
*:基本経路に、岩国港(新港)発着の旅客船利用客向けの送迎経路を追加した路線。新港バス停留所からも岩国港への移動は可能(約180m程度)
*:(基本経路と異なる部分のみ明示)- 新港 - 新港桟橋 - 装束 -(以下略)
** [7](新日石精線(装束会館経由)):
*:基本経路の 装束 を 装束会館 の経路に置き換えた路線。(国道2号の前身の市道等を経由)
*:(基本経路と異なる部分のみ明示)- 新港 - 装束会館 - 上灰場(和木町内) - 栄橋 -(以下略)
*:※新港桟橋に寄る便もあり(- 新港 - 新港桟橋 - 装束会館 - 上灰場(和木町内) - 栄橋 -)
** [8](新日石精線(立石二丁目経由)):
*:基本経路の昭和橋経由を、立石二丁目経由に変更した路線
*:(基本経路と異なる部分のみ明示)- 室の木口 - 立石二丁目(スーパーマーケット([[丸久]])の最寄り)- 立石 - (以下略)

;和木町循環線
国道2号を北上し、国道2号の前身であった市道沿線を含む岩国市装束町や玖珂郡和木町の中心部を循環する路線。装束バス停留所や上灰場バス停留所([[山口県道135号北中山岩国線]]'''あけぼの橋'''の近傍)以南は、新日石精線と共通の経路となっている。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [2](和木町循環線(装束経由)):
*:岩国駅 - 新港 - 装束 - [[和木町|和木町役場]] - 大和橋(同名の橋で広島県大竹市へと渡橋できる)- 宮の下 - 和木町役場 - 装束会館 - 新港 - 岩国駅
** [3](和木町循環線(装束会館経由)):
*:(装束経由と異なる部分のみ明示)- 新港 - 装束会館 - 和木町役場 - (この間同じ)- 和木町役場 - 装束 - 新港 -(以下略)
*※新港桟橋や立石二丁目経由の設定は無い。

「大和橋」を境に、系統番号の表示が変わる。
([2]→「アルファベット」+「3」、[3]→「アルファベット」+「2」)

;小瀬線
岩国駅から装束町 - 和木町役場を経由し、岩国市小瀬など2系統3路線に分岐する路線。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [4](小瀬線(蜂ヶ峰総合公園 行)):
*:岩国駅 - 新港 - 装束会館 - 和木町役場 - 瀬田口 - 蜂ヶ峰総合公園(同名の公園施設や住宅団地等あり)
** [5](小瀬線(小川津 行)):
*:(蜂ヶ峰総合公園 行と異なる部分のみ明示) - 瀬田口 - 小川津
** [6](小瀬線(上迫 行)):
*:小川津 行の路線をさらに上迫まで運行している路線。
*:(小川津 行と異なる部分のみ明示) - 小川津 - 上迫

新港バス停留所の隣にある記念碑バス停留所付近は、運行経路上の国道2号の車線数が片側2車線から片側1車線に減っている上に、車の通行可能な道路が国道2号しか無い区間である。その為、和木町、および和木町を経由して市北部(小瀬地区)に向かうこれらの路線は、朝夕の通勤時間帯等に渋滞による運行遅れを生じることがある。

==== 岩国駅の東側へと向うもの ====
岩国駅と交通局との間を運行するバス路線と、工場地帯等を縫うように巡回するバス路線(木工団地 行)からなる。

*系統番号(行先番号)と主な経由バス停留所
** [B]:岩国駅 - 三笠橋 - 交通局(※)
** [C]:岩国駅 - 昭和町 - 交通局(※)
** [D]:岩国駅 - 三笠橋 - 交通局 - 木工団地(※)
:※これらの路線は岩国駅 行の延長として運行される。

==== 各地から岩国駅に戻る便に表示される系統番号(岩国駅の東側へと向うものを除く) ====

岩国駅を発車したバスが各地から岩国駅へと戻る(延長として運転される区間がある場合を含む)場合の系統番号(行先番号)の表示は、「アルファベット+行先番号の末尾一桁」となる。

「行先番号の末尾一桁」は、原則として岩国駅から各地行として発車した時に表示していた番号と同一のものを表示する。アルファベットは延長運行区間の系統番号を表示する。(例えば錦帯橋→西岩国駅・今津・三笠橋経由交通局なら[B3])

循環線など一部例外となる路線については、各路線の項目にて別途記載した。

なお、岩国駅止まりは「A+行先番号の末尾一桁」で表示。

<gallery>
画像:岩国市営Ippan12MCR.jpg|一般路線用車両の側面デザイン<br>(2007年1月5日撮影)
</gallery>