※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岩国港
岩国港(いわくにこう)とは、[[山口県]][[岩国市]]から山口県[[玖珂郡]][[和木町]]に跨る位置にある[[港湾]]である。港湾管理者は山口県であり、重要港湾に指定されている<ref name="IwaPortInfo0">{{Cite web
|author=第六管区海上保安本部海洋情報部
|url=http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN6/leisure/minato/frame-minato.htm
|title=六管区内の港
|work=[http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN6/index.html 第六管区海上保安本部]
|publisher=第六管区海上保安本部
|language=日本語
|accessdate=2008-07-08
|quote=岩国港に関する情報(第六管区海上保安本部提供分)
}}</ref>
。隣接する石油コンビナートや紙パルプ・化学工業に関連する貨物(原油、石油製品、材木チップなど)や、外国貿易を始めとするコンテナ貨物の扱いが中心である<ref name="IwaPortProf0">{{Cite web
|author=山口県土木建築部港湾課
|url=http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a18700/ports/06iwakuni.html
|title=岩国港の概要
|work=[http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a18700/index/ 山口県土木建築部港湾課]
|publisher=山口県
|language=日本語
|accessdate=2008-07-08
|quote=岩国港の沿革や施設、統計情報等(山口県側提供情報)
}}</ref><ref name="IwaPortProf1">{{Cite web
|author=国土交通省中国地方整備局宇部港湾事務所
|url=http://www.pa.cgr.mlit.go.jp/ube/profiles/iwakuni.html
|title=岩国港 みなとプロフィール
|work=[http://www.pa.cgr.mlit.go.jp/ube/index.html みなとweb]
|publisher=国土交通省
|language=日本語
|accessdate=2008-07-08
|quote=岩国港の沿革や概要、統計情報(国土交通省側提供情報)
}}</ref>が、旅客航路も発着している。

==歴史==
*1600年(慶長5年):[[吉川広家]]の命により[[錦川]]の下流域である今津川の河口部へ物揚場が築造されたのが、本港の始まりである<ref name="IwaPortProf0" />。
*:同じ時期に今津川から装束にいたる地域の干拓も開始され<ref name="IwaPortProf1" />、現在の本港港区(→[[#概要]])にあたる地域も耕地開拓という形で造成されていった。
*1926年:[[内務省]]より指定港とされる。
*1932年:装束地区(当時)に物揚場を建設。
*1948年1月1日:[[関税法]]に基づく[[開港]]の指定を受ける。
*1952年:重要港湾の指定を受ける。
*1960年:[[検疫法]]に基づく免疫港の指定を受ける。
*1962年:[[植物免疫法]]に基づく植物免疫港の指定を受ける。
*1973年:岩国 - 松山にフェリー航路が開設される(現在は廃止)
*1988年:岩国 - 松山に高速旅客船航路が開設される(現在は廃止)
*1992年:外航コンテナ航路が開設される(以降、コンテナ輸送は増加)

==概要==
本港は大きく分けて、本港港区(ほんこうこうく)と南部港区の2つからなる<ref name="IwaPortBlock">{{Cite web
|author=山口県総合政策部広報広聴課
|date=2008-03-14
|url=http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/html/20080328/03shokuba.html
|title=県庁職場訪問 県岩国港湾管理事務所(前編/後編)
|work=メールマガジン「山口きらめーる」Vol.137
|publisher=山口県
|language=日本語
|accessdate=2008-07-08
}}</ref>。

今津川以北になる本港港区は、さらに、室の木地区、新港地区、装港地区、装束港地区に分かれている<ref name="IwaPortProf1">。

==主な施設==
;装束地区(装港地区/装束港地区):

;新港地区:
*岸壁
**10.0m水深×370m(2バース)
**7.5m水深×260m(2バース)
**5.5m水深×170m(2バース)
*物揚場(2.0m~4.0m水深)×744m

;室の木地区:
*岸壁
**12.0m水深×120m(1バース)[工事中]
**10.0m水深×185m(1バース)
**10.0m水深×205m(水面貯木場接岸用;1バース)
**7.5m水深×260m(2バース)[工事中]
**5.5m水深×180m(1バース)
*物揚場(2.0m~4.0m水深)×896m

==定期航路==
===旅客航路===
*[[岩国柱島海運]]
**岩国 -(黒島 - 端島)- 柱島 ※括弧内は通過する便あり
**:離島航路である。

===運休・廃止となった旅客航路===
*[[周防大島 松山フェリー|岩国松山高速株式会社]](城下町ライン)<ref name="JyokamachiLine">{{Cite web
|author=周防大島松山フェリー株式会社
|url=http://www.boyo.co.jp/imk/index.html
|title=周防大島松山フェリー
|publisher=周防大島松山フェリー株式会社
|language=日本語
|accessdate=2008-07-08
|quote=旧・岩国松山高速
}}{{Cite web
|author=GARAKUTA Village
|url=http://www.boyo.co.jp/imk/index.html
|title=周防大島松山フェリー
|publisher=(個人サイト;周防大島松山フェリー株式会社よりリンク)
|language=日本語
|accessdate=2008-07-08
|quote=城下町ラインについて
}}</ref>
**岩国 - [[伊保田港]] - 松山([[三津浜港]]) 高速船
**:2006年2月28日を最後に廃止。[[柳井港]]発着のフェリーが航路を継承している。

==旅客ターミナルへのアクセス==
[[岩国駅]]より[[岩国市交通局]]の和木町方面の一般路線バス([1]~[5])にて、「新港桟橋」[[バス停留所|バス停]]もしくは「新港」バス停にて下車(それぞれ8分もしくは6分程度)。
「新港桟橋」バス停は、旅客ターミナルでもある岩国港ポートビルに隣接しているが、発着するバスが限られている。「新港」バス停から岩国港ポートビルまでは徒歩で4分程度。

==利用状況==
2005年度(平成17年度)の利用状況は以下の通り<ref name="IwaPortTraffic">{{Cite book
|editor=岩国市総合政策部情報統計課
|title=統計いわくに
|edition=平成19年度版
|year=2008
|month=3
|publisher=岩国市
|pages=58
|quote=岩国港の船舶利用および乗降人数に関する統計
}}</ref>。
*船舶乗降人員:
**乗込人員:37,167人
**上陸人員:37,326人
*入港船舶総数:10,717隻、15,734,114GT(総トン数)

==参考文献==
<references />

*{{Cite web
|author=国土交通省中国地方整備局宇部港湾事務所
|url=http://www.pa.cgr.mlit.go.jp/ube/project/iwakuni.html
|title=岩国港 整備事業の紹介
|work=[http://www.pa.cgr.mlit.go.jp/ube/index.html みなとweb]
|publisher=国土交通省
|language=日本語
|accessdate=2008-07-08
|quote=岩国港の整備事業に関する情報(国土交通省側提供分)
}}

{{DEFAULTSORT:いわくに}}
[[Category:中国地方の港湾]]
[[Category:瀬戸内海の港湾]]
[[Category:重要港湾]]
[[Category:山口県の交通|いわくにこう]]
[[Category:岩国市|いわくにこう]]
[[Category:和木町|いわくにこう]]

{{japan-geo-stub}}