|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ミネラルウォーター

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

硬水か軟水かを決めるのは“硬度”です。硬度とは水のなかに含まれるカルシウムとマグネシウムの合計量を数値化したもので、この数値が高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。わかりやすく言えば、カルシウムとマグネシウムがたくさん入っている水が硬水、少ない水が軟水ということです。

硬度100未満の軟水は、炊飯や和風だしをとるなど日本料理全般、そして緑茶をいれたりするのに適しています。反対に硬水で炊飯をするとごはんがパサパサになったり、緑茶の味や香りが十分に引き出せなかったりします。


また、硬水には独特の苦みやえぐみがある。石鹸や洗剤が泡立ちにくい。
肉の灰汁が出やすい。パスタにコシを与える。

軟水はお米などにたっぷりと水分が吸収させられる。だしのうま味を引き出すことができる。 お茶や紅茶をおいしく入れるのに、適している。

要は硬水は洋食向き、軟水は日本食向きといえるでしょう。

ミネラルウォーター



更新履歴

取得中です。