日本拳法道連盟 豊前福光派古術連盟 風門館 古術:印可のこと
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古術:印可のこと(2006-10-13)

-
  • 切紙
    • 六級~四級 審査料三千円 白帯
    • 三級~一級 審査料五千円 茶帯

  • 目録
    • 初段~三段 審査料一万円 紋付き羽織袴許  
      • 三段以上代理教授許、烏帽子許、切紙印可許

  • 免許
    • 四段・五段 審査料 四段二万円、五段三万円
      • 五段以上 館長許、目録印可許

  • 皆伝
    • 六段・七段 審査料 六段四万円、七段五万円
      • 七段以上 免許印可許

  • 奥義秘伝免許皆伝
    • 八段 皆伝印可許、守人許

  • 他武道有段者については、段位賞状を確認できればその上位から昇段審査可能。例えば、空手初段所有なら二段から審査を行うが、ただし五段免許までとする。アマレス・ボクシング・中国武術など外来格闘技経験者については、大会等入賞の証明賞状が確認できれば、当方にて受験段位を定める。(館長)