日本拳法道連盟 豊前福光派古術連盟 風門館 形武道と護身

形武道と護身(2006-10-26)

-
形の武道をやっていると、時々、本当に役に立つのだろうか、と不安に思う時があった。私は、空手、合気道、合気術、太極拳などもやったが、やっていて自分に自信がつかなかった。しかし、後年、三十一過ぎてから日本拳法道に入って他流試合をこなすうちに、形武道でも、存外行けると言う実感を持った。

私が日本拳法道に入ったのは、元々他流試合がしたかったからだったので、四月に入門して、
その年の秋にはもう大会に出ていた。当時は、まだ無差別で試合を行っていたが、初戦で、他流派の、私より重量のある空手の黒帯に勝つことができた。もっとも、二回戦では、私と体格的に変わらない日本拳法の選手に、見事に面突きを食らって瞬間ダウンしてしまい、さすがに日拳の面突きは強烈だと思い知らされた。

その後も、私は、乱稽古といえば大会前に「目慣らし」と呼ぶマススパーのみで、四十一になる手前二週間まで、防具の総合、硬式空手、グローブ空手、アマチュアキック、真武館全日本体力別と色々なトーナメントに挑戦し続けた。特に、本格的に競技生活を行ったのは三十五過ぎてからである。

それでも、大怪我をすることもなく、公式トーナメントに通算十五回出場を果たすことが出来た。

その経験から、型稽古でもけっこうやれるという実感を持った。護身という観点から考えると、確かに競技武道の方が速習性はあると思うが、問題は長続きしないことである。無論、競技武道で長く続ける人もいるだろうが、大半の人間は若い時に選手としてやって、その後は何もしない、と言うのが一般的なのではないだろうか?

護身の観点から考えると、何もしなければ、かつて激しく競技生活を送っていたとしても、体が動かず、いざと言うときに不覚を取る、ということにならないだろうか?

その点、形武道の長所は、ゆっくりと時間をかけて、年を取ってからでも続けられることだ。

競技武道も形武道もそれぞれ長所と短所があるから、私としては、競技武道の経験者が、ある程度年齢がいって競技を引退したところで、形で稽古する、というのが現実問題問としての、最も合理的な護身法ではないか、と考えている。仕事を持ちながら、競技武道を四十過ぎて続けるというのは、かなり過酷ではないかと思う。

それを続けられる人は、もともと体力があるのだから、そもそも護身が必要ではないのではないだろうか。私の言う護身とは、普通のサラリーマンが仕事をしながら、週一回か二回の稽古でも長く続けられ、万が一に備えると言うことであるから。

そういう稽古体系の武道が、護身としては望ましいのではないかと考えている。そういう意味では、私は、少林寺拳法と言うのはなかなか優れた体系を持っている、と常々考えている。

護身と実戦と言うのはなかなか悩ましい問題なのだが、六十になっても、万が一、という事があるかも知れないので、私としては、年齢や体力に関係なくできる武道が必要だと思っている。

要は、その個人が、その時々で、年齢や体力に応じて、競技武道を学んだり、型稽古を中心にやったりすればいいのだろう、というのが私の見解である。(館長)