日本拳法道連盟 豊前福光派古術連盟 風門館 競技武道と護身
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

競技武道と護身(2006-10-26)

-
今回は、護身の観点から見た競技武道の欠点について書いてみたい。

私は、四十歳の時に、アマチュアキックのオープントーナメントに二度出たことがある。初めて出た時には私はフェザー級だったが、選手が揃わず、一階級上のウェルター級の選手と対戦した。私からすると、上背もあり、筋骨隆々としていて、どうみてもミドル級の選手にしか見えなず、その試合で、私は、1ラウンド中に3回ダウンして負けた。敗北の原因の一つが、ロープワークにあった。リングというものが初めてであり、ロープに押されたとき、それが気になってふと気を抜いた瞬間、ボディに強烈な膝をもらって、最初のダウンを喫した。後は、日本拳法道の指導員としての意地だけで闘い続けただけであった。

そこで私は、次回に備えてリングに慣れなければならないと思い、しばらくキックジムに通った。そこに、元プロで後楽園ホールまで行ったと言う人が通っていた。私よりも年配で、技も切れた。その人がある日、私にスパーをしようと持ちかけてきた。すぐに噛ませ犬にしようとしているな、と私は思った。体格も私より良かったし、四十の防具出身者なら、いいように勝てると思ったのだろう。

しかし、私も年は四十とは言え、まだ現役で競技をしていたわけであるから、いくら元プロとはいえどもこっちにも意地とプライドがあった。しかも、相手は五十近かったからなおさらである。

スパーだから結果の勝ち負けはないが、お互い、スパーと言うよりはガチンコでぶつかった。動きながら、案外、元プロでも、現役から遠ざかり、年も五十近くなるとこんなもんか、と思えるような展開であった。1ラウンド終了後に、相手が、ここらへんにしようと言ったので、私としては十分な結果だったと思う。私が意外に動けるので、相手も戸惑っていたようだった。

その時思ったのだが、競技武道と言うのは、現役の時は形武道より強いのだろうが、競技を引退すると体を動かさなくなる人が多い、と言うことだ。この点は、形武道はいくつになってもできるから、体を動かさなくなった競技武道の元選手と、形武道でも稽古を続けている人とでは、護身の観点から見ると、形武道の方が有利なのではなかろうか?

さきほどの例のように、いくら元プロとは言え、実際に体を動かしていなければ、現役の選手の方がやれるということである。その人はほんとに技が切れたので、私は護身とは何だろうと、その時に強く思った。その人からは、特にキックの肘の打ち方などを学び、良い勉強になったのだが、年を取り、体が衰えていくとき、どうやって自分の身を守るべきか?と考えるものがあった。

その体験は、私にとっても大きな課題となることであった。(館長)