※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お前、俺より可愛いからって調子こいてんじゃねぇぞ?」
「あ…ぅああ…、ご…ごめんなさい…許してください…」
「……………」
モ●ゾーは、冷めた目線をキッ●ロに向けると、振動のレベルを上げた。
「ひっ…あっ……うああああああああ…!!!!!!!!!」
「いい声で鳴くじゃねぇか。これなら画面の前の皆も満足してくれんだろうぜ?」
「え…?」
その言葉を聞いた瞬間、キッ●ロの表情がみるみると青ざめていく。
「ほ~らほ~ら、もう一段階振動のレベルを上げるぞぉ?」
「……っ!!!!み…見ないで…っ見ないでぇえぇええぇええええ…!!!!!!!!!!」
…カチリッ。
「ぐ…ぐぅ…うっ…あ゛っあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ…!!!!!!!!!!」

裏虹でこのイラストを見た瞬間、鬼畜ネタをやってみたくなったんですゴメンナサイ…。_| ̄|○|||

添付ファイル