危険海域PK対策講座

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


危険海域ではプレイヤーキルが可能です。つまり、自分以外が全て敵になりうるエリアです。東地中海全体では黒海がこれにあたります。


初心者の方向け、PK対策の心得


初心者保護期間
2005年11月のパッチで、合計レベル(冒険・交易・海事)が20以下の超初心者は対人戦(PK)を仕掛けられない、という修正が入りました。但し艦隊を組んでいる場合、全員が合計20以下である必要があります。

■狩られても泣かない
現状、PKに襲われても軍備をしっかりしていない商人・冒険者・また初心者軍人でも、さっくりと狩られてしまいます。しかし、考えてもみてください、あなたのような初心者を狩ったところで向こうに利益など殆どありません。逆に向こうはPKのリスクを更に背負うのです。そう思って、狩られても挫けないでください。多少成長して、大きい船に乗れるようになれば、100%はなくとも、狩られないための手立てはいくらでもあります。

■PKの特徴
★赤、もしくはオレンジネームである
赤い名前は国籍無差別海賊、オレンジネームは自国以外のPCを襲う私掠海賊で、賞金首である悪名1000を越えた人です。どれも危険性がありますが、ヴェネツィア所属のオレンジネームの方はあなたを襲わない可能性が高いです。
★3本マストの大型ガレー船が多い
白兵能力の高い大型のガレー船、ガレアス、ラ・レアル、重ガレー、フランダースガレー、アラビアンガレー、輸送用大型ガレー、大型ガレーなどが大型のガレー船になります。特に軍用の前から6種の船は警戒すべきです。
また、ヨーロッパから出た外洋だと、ガレーではありませんが軍用ジーベックなどの帆船に乗った海賊も多くいるようです。

■収奪のシステムを理解しておく
海賊行為によって狩られた場合でも、狩られ方で取られるものは違います。
★白兵戦で拿捕された場合→お金、船または身体装備品・非消耗アイテム1~2、交易品1種(大量)、所持金収奪
★砲撃で沈められた場合→所持金の一部、交易品全種が一律で少量減る

こう考えると、砲撃で沈められた場合のほうが被害が少なく済みますね。
やはり避けたいのは白兵での拿捕でしょう。しかし、その選択権はPK側にあります。こうしたシステムを理解した上で対策を練っていきましょう。

できる限り用意しておくもの
  • 救命具(ヴェネツィア工房:2000D)
  • 撤収の鐘(PC鋳造生産品:相場2500D~3500D)
  • 度胸
※撤収の鐘は初心者の方には入手も難しく、また意味も少ないものかもしれません。余裕があれば、といった認識が良いかもしれません。

狩られるリスク分散

最悪の場合を見据えて行動しましょう。危険海域に行く準備編

PKに絡まれないために

危険海域での"中の人の"警戒スキル

もしPKに絡まれたら

襲われてしまったら、どう逃げるか、どう抵抗するか

100%の防備策はない


これらの防備策は全て可能性を低めることにしかなりません。100%にしたければ、自分がPK、もしくはPKKになれるだけの成長と軍備を整えるしかないのです。しかし、実際のところそうしてしまえば交易も冒険も制約されてしまうのが実情です。だからこそ、リスクの低減と中の人の警戒が肝要です。
「そんなヘマはしないが、もし海賊に襲われても、それも大航海時代の華だぜ!」と笑い飛ばせるくらいの度胸をもてば、あなたは有能な航海者として活躍できるでしょう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|