PKに絡まれないために

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

見張りスキル


■見張りスキル
見張りスキルは遠くの人名を確認できます。よって早い段階でPKか非PKかを認識できますので、危険海域での航行には便利です。早い段階で回避行動をとればPKも諦める場合が多いです。

■街付近、視点を回して指差し確認
街付近の青ライン(安全エリア)では対人戦が禁止されています。PKを行う者はいつもオレンジや赤ネームとは限りません。そのまま出港したら、こちらに向ってくるガレーがいないか確認しましょう。特に出港時、後ろから追いかけてくるガレーがいたら危険信号です。即座に青ライン内で引き返し、様子をうかがってください。青ライン内なら絶対に安全です。

できれば艦隊で行動しよう


■護衛がいればPKは警戒する
海事以外ではソロで活動することが多いこのゲームでは若干厳しい面もありますが、艦隊、特に強襲用ガレー以上の船に乗った軍人さんと一緒に活動すると、PK側は反撃を喰らう可能性を感じ、かつ収奪できる可能性が減るため、襲われる可能性は格段に減るでしょう。

例えば、今日は冒険者の護衛をして一緒に冒険、明日は商人の護衛をして一緒に交易、明後日は皆で海事・・・といった具合に、時間帯の合う仲間で一緒に活動してはどうでしょう。折角のMMOですし、後々までかけがえのない仲間になるかもしれませんよ。

見かけガレーでのこけおどし(上級)


■相手はしっかり情報を見てない場合が多い
特に街から離れた場所などではそうですが、PKはいちいちこちらの人物情報を見て積荷満載かチェックしている可能性は少ないです。(そんなことしてたら襲うチャンスを逃してしまう可能性が高いため)
但し、街から出た時などは注意。こちらの情報を掴んでから来る場合もあります。

話を戻します。人物情報から判断できない場合、PKは何で獲物を判断するか、というと、それは確実に船種と言えるでしょう。特に商用帆船は狙われやすく、逆に狙われにくいのはアラビアンガレー、大型ガレー、輸送用大型ガレー、重ガレー、ラ・レアルなどの大型のガレー船です。これらの船は「狩るのが面倒」という理由で対象から外される場合も多いのです。

■襲われても逃げるのに有効
ガレーと帆船の大きな違いは漕船スキルによる戦闘時の加速があるか否かです。帆船が逃げ切れないのは漕船で距離をつめられて、接舷スキルで吸い込まれ、白兵に持ち込まれるからです。
しかし、こちらもガレーな場合は多少ランクの差があっても同じ漕船スキルを使用できますから、ある程度は相殺できます。結果、逃げ切る可能性が高くなるというわけです。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|