もしPKに絡まれたら

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

襲われたら、相手に交渉をもちかけてみる


PKの中にはRP(リアルプレイ)海賊といって、海賊を演じるタイプの人がいます。こうした方は交渉に応じる方もいるので、泣き落としたり、何かを対価に見逃してもらうなど、交渉を持ちかけてみては如何でしょうか。成功するかどうかは・・・あなたの交渉術次第!
例1「うう・・・お金なんて持ってないです・・・」
例2「家には腹をすかせた女房と子供が・・・」
例3「勘弁してください、積荷はあげますから!」


抵抗編(上級)


逃走ルートの判断、瞬時の判断
殆どの場合、PKはソロで活動しています。なので、その船から逃げ切ればよいのです。開戦時に位置関係を把握し、どのルートが一番早いか、逃げやすいかを見定めましょう。そして、その方向へ旋回したらあまり舵をきらないように。旋回時に船のスピードが落ち、追いつかれる可能性を高めてしまいます。
ただ、あなたがもし補助帆をつけずに高い旋回を保っているのでしたら、漕船を使って迫るPKに対してくるくる回って振り回しながら逃げるという手もあるかもしれません。(漕船使用中は旋回が下がります)
どちらにしても、これらは中の人、プレイヤースキルに頼る面が大きく、それら一連の判断や行動は慣れ、かもしれません。仲間が揃ったら模擬戦で練習してみるといいかもしれません。

★追記・現役PK海賊さんからのアドバイス(一部まとめ改変してます)
旋回は絶対とは言いませんが、まずしない方が賢明です。逃げるときは、相手の船首と同じ方向へ逃げる以外はありえません。方向変更は戦闘開始直後に行った方がよいです。どうせ速度が0になっているので、このときにとっとと相手と方向をあわせてしまうのが得策でしょう。海賊としては、舵を切ってくれると、かなり嬉しいです。
とにかく、相手と同じベクトルで逃げる事が最重要です。相手とのベクトルがそれれば、追いつかれるばかりか、船首側をふさがれて運良く撤収できても押し戻されるという最悪の事態すら発生します。

船尾砲・機雷敷設スキルでの牽制(上級)
襲われた場合、相手が後ろから追いかけてくるケースに限りますが、船尾砲でクリティカルを与えられれば相手の進軍を止められます。
また、機雷敷設スキルも砲弾さえあれば相手の追撃に対しダメージ、もしくは進路の妨害、心理的にも牽制できます。(相手が機雷発見をもっていても、敷設した機雷がなくなるわけではないので、行動を制限できます)

白兵戦に持ち込まれたら撤収の鐘を
白兵戦に持ち込まれた場合、撤退ボタンをクリックするよりは撤収の鐘を使って撤退しましょう。撤収の鐘は勿論100%ではないものの、普通に撤退するよりは高確率で白兵戦を終了できます。
とはいっても、あまりに戦力差がありすぎる場合は失敗の連続になってしまいます。1~2回の失敗は普通にありますので、これはある程度船員のいる大型船やガレーでないと難しいかもしれません。小さな船でも撤退できたらラッキー、と思いましょう。

罠スキル!?逃走スキルの効果とリスク


商人スタートですと最初から所持している逃走スキルですが、このスキル、説明のとおり確かに逃走速度が上がりますが、なんと発動中に砲撃を受けると全てクリティカル扱い、白兵戦に持ち込まれると混乱扱い(攻撃防御こちら半分、相手2倍)となってしまう、とんでもないリスクがあります。勿論有効に使えれば良いのですが、敵との位置取りなどを見て、この点をよく考えて使うようにしましょう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|