国勢/2005年09月12日/混迷する情勢 葡仏が攻勢にまわる

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
■9月12日・チュニス
11日夜、ポルトガル王国の投資家がヨーロッパ・東アフリカ方面への投資攻勢を行った。攻勢のあった港はチュニス(西),ベイルート(英),ザンジバル(英),マスカット(英)と、その数は実に4港にものぼり、各地で投資戦が開始された。
また、時を同じくしてフランス王国もかねてより影響度のあったトリポリ(西)に投資攻勢を行い、各地政府はポルトガル・フランスをそれぞれを同盟とする発表を行った。

先の7日には、各国のギルドから一般航海者の交易・仕事斡旋が大幅に不利となりかねない国際協定変更が発表されており、この投資活動には「一部投資家の引退投資」という噂も囁かれているが、真実は定かではない。

12日昼現在、攻勢を受けたイスパニアはチュニス,トリポリを即座に投資で奪還同盟化、イングランドもマスカット,ザンジバルを同盟に戻している。


カテゴリ: [投資戦] - &trackback- 2005年09月12日 12:30:11

#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|