国勢/2005年09月14日/混迷する情勢(2) 仏、ベイルートへ

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
■13日・ベイルート

13日深夜、シリア地方のベイルートにフランス王国の投資家の大規模投資が行われ、ベイルートの政府は同盟港をフランスとするという発表を行った。ベイルートはつい先日に同盟国をイングランドからポルトガルに変更したばかりであり、また、フランスはポルトガルとの共闘関係の密約がある、という噂が流れていたが、その噂を否定する結果となった。

また、14日にポルトガルは西アフリカのカーボヴェルデ、エジプトのカイロをそれぞれイングランドから奪還同盟化に成功した模様。

投資戦は混迷を極め、東地中海の情勢も流動的になってきている。ヴェネツィアもこの情勢変化を注視し、的確な判断を行いつつ動く必要に迫られているようだ。

(記者:イタハゲ)


カテゴリ: [投資戦] - &trackback- 2005年09月14日 19:22:15

#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|