国勢/2005年12月12日/葡、カーボヴェルデ進攻し英敗退

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
■11日・カーボヴェルデ

カイロ海戦から2週間余り経った9日、ポルトガル王国はフランス王国軍・ネーデルランド共和国軍を伴い、西アフリカ地方ヴェルデ諸島へ海軍を進め、イングランド同盟港、カーボヴェルデ前でイングランド海軍との戦闘が行われた。
戦闘は2倍近い船舶数のポルトガル連合軍が終始優勢のまま戦闘は終結、イングランド海軍の被害はポルトガル連合軍の4倍にも達した模様だ。
イングランド海軍はカイロの大敗で大きな傷を負っており、その建て直しが済んでいない時点でのポルトガルの反攻に、数多くの船が航行不能に陥ってしまったようである。
なお、ヴェネツィア共和国は今回、外洋艦隊の体制が整っていないことを理由に参戦は見送られた。

海戦の後、イングランド王国は失った影響度を取り戻そうとカーボヴェルデに投資攻勢を行い、今もなお係争中のようである。
なお、ポルトガル王国はほぼ同時刻、イスパニア同盟港アビジャンに投資攻勢を行った模様。
海戦の余韻はそのまま攻撃志向へ向いてしまうのか。海戦の後に投資戦を行うのは、もはや名物なのかもしれない。
一方、イングランドはカイロでの傷が更に広がってしまった。今後の建て直しも含め、これからがイングランドの正念場であろう。


カテゴリ: [大海戦] - &trackback- 2005年12月12日 00:16:34

#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|