国勢/2006年07月04日/ヴェネツィア共和国、アテネを同盟港化

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
■4日・アテネ
3日午後、ヴェネツィア共和国元首公邸のモチェニーゴ官房長官は、エーゲ海の大都市アテネがヴェネツィア同盟港になったと発表を行った。ヴェネツィアの拠点型大規模港の獲得は今回が初めてとなる。

官房長官によると、1日夕方にヴェネツィアの投資家が大規模な投資を行い、一時僅差でヴェネツィアの旗がはためくものの、僅差故かイングランドからも奪還の投資が入り、アテネの港に掲げられる旗は二転三転する。が、アテネ交渉代理人であるフィリップ・ヴィリエール・ド・リラダン氏とヴェネツィア投資家が粘り強い交渉を行い、その結果、3日午前にアテネ港は暫定的にヴェネツィア共和国の同盟とする、との布告とともに、アテネ港の交易品のヴェネツィア人関税撤廃措置及びその他の国への関税の再設定が行われた模様だ。

アテネは共和国海軍基地カンディアの北西にある大規模港で、周辺には古代遺跡が並び、古くから学術文化の都市として知られており、多くの学者や発掘家が訪れている。交易拠点としても、大理石や羊皮紙などの工業品のほか、数々の遺跡から出土する美術品、香料なども輸出している。
オスマントルコから西欧国が開放してから紆余曲折を経て、長らくイングランド王国が同盟港としてきた港であったが、イングランドの主要交易路から外れた飛び地であり、軍事面でもイングランドと対立していたポルトガルが地中海から拠点を失い、影響が低落してきているため、同時にイングランドにおける東地中海の価値も低下してきていた。
また、イングランドは度々他国と海戦を起こす身であり、援軍として参加することも多いヴェネツィアと投資争いで事を荒立てるくらいなら引くべきという配慮の声もあった模様だ。

とはいっても、イングランドの投資家は人数が非常に多く、個人の範疇で大金を投じ、再度リラダン氏を交渉のテーブルにつかせる可能性も十分にあるため、ヴェネツィア共和国の投資家も、アテネの同盟維持のため警戒を続けているようである。


カテゴリ: [投資戦] - &trackback- 2006年07月04日 07:00:33

#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|