最初の一歩


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ はじめに…

「ラジコン」は、難しい… お金がかかる…と思っていませんか?現在では、本格的なラジコンとは別に「トイラジ」と呼ばれる簡易ラジコンの復旧で室内から大空まで楽しめる安価な製品も話題を呼んでいます。 車では、「CAUL」シリーズが登場し、何とワンコインからラジコンを楽しめる時代となりました。 また、空物の世界にも「チョ_Q」ならぬ「ヘリQ」が登場。 より身近になって来ました。 ただ、簡単に始めることも可能ですが、ここで注意したいのが何処でもやっていいわけではない! というこです。車の場合電波が混信しても大きな事故につながる要素は少ないと思いますが「空物」そらものの場合は、何処に落ちるか分からないのです。近くの公園などで安易に始めた自分でしたが、すぐに気づきました。 珍しいので人が寄ってきてしまうのです。 くれぐれも自己責任の世界です。死傷事故の報告も記憶に新しいことも事実です。 紳士的な行動が求められます。「ラジコン市民権」を合言葉に安全なラジコンライフをと協会も動きだしました。また、「インストラクター制度」の導入で資格を持った人に指導してもらえるようになりました。 安易な考えを捨てて、是非ともマナーを守った安全なラジコンライフを末長く楽しみましょう。

 最初は、誰でも素人です。 書物から学び…仕組み・構造・調整・そして飛行訓練…道のりは、まだまだ…

■ 見よう見まねから…

何事も…見よう見まねから始まるものです。 先輩たちの飛行を見て憧れ、そして自分もその世界に入って来ました。ただし、「後悔は、先になんとか…」と申します。 知人から譲りうけたのがきっかけで始まり、とりこになってしまいました。 費やした金額と時間を単純に勉強代と割り切るには、高価過ぎました。 何でもないことのようですが、空を飛ぶと言うことは、単純なことではないのです。 まずは、自然相手のことであるゆえ、勉強も必要になります。何よりも小さいとは言え立派な飛行機なのですから、パイロットに当たる訳です。実際のパイロットが学ぶように。気象からは入り・航空の力学・流体力学・構造力学・エンジン動力の知識・燃料危険物の知識・無線工学・整備士・管制士とパイロット以上に一人でこなす仕事は多いのです。

ましてや、ヘリコプターとなると舵の操作が自動車の感覚とは別物なのです。 そちらに行きたいと動作を見てから舵を切ってでは、すでに位相の関係で遅いのです。また、ニュートラルの調整(機体の原点)・エンジン調整・プロポのセッティングとなると頭を抱えるほどです。この調整の理論を理解しないで練習しても決して飛ぶようになるものでは有りません。 メーカーもまた少子化とともに売れないとばかりに、導入ビデオを着けて簡単をアピールして、売る方にばかり力を入れているような気がしています。 実質的に都会の近郊では、どんどん飛ばせる場所が限られてきています。 騒音・護美・マナー 問題などです。 相模川の河川敷でも、例外では無く、ラジコン禁止の看板が立った場所もあります。

私は普段、バイクで通勤しています。 どうしても楽に走りたいので、すり抜けをして先頭で進みたくなります。そこで気がつくのが、自動車の運転感覚でさえ雲泥の差が生じていると実感できます。 親切に譲る人。真っ直ぐに走らない人。合図の遅い人。後ろを見ない人などさまざまです。 飛行機には、車線は有りません。 3次元の空間自由に飛ばすことも出来ますが、やみくもに飛ばしていてもと思っています。 同じ奇跡を通る感覚を身につける為には、奥行きの感覚も重要です。 ましてや車のように自分が乗っているのでは無く外部から見て操作しているのですから… そして、いい趣味ですね。と言われるようになりたいものです。 一人一人の品格が重要な時代となったのだと感じています。

  子供は、親の背中を見て育つ…  何も教えなくとも親のまねをするものです。良いことは、真似よう…悪いことは、辞めるべし…

■ 電波は、見えない…

「ラジコン」は、遠隔操作ですので、当然無線・電波が主流です。 (光り・音波を利用したものもあります)。 携帯の電波(電磁波)脳味噌に良くないと言う話がありました。今でもスポーツ選手・ボクサー・将棋の棋士たちは、電波を嫌ってイヤホーンを利用するといいます。当然これらの電波は、目に見えません。スイッチを入れた途端に数キロ先まで到達しています。 しかも、0.0?秒という速さで… 色々な電波は、用途と出力を定めて利用されていますが、全く見える代物では有りません。 人のミスで落ちる。 これは絶対に避けたいものです。 自分の飛行機だけで済んだならまだいい方ですが、他人を巻き込んだり車に当たったり、新幹線だったら洒落にもなりません。人間ゆえにミスは、付き物ですが、あってはならないラジコンの鉄則です。入れる前に、確認・入れる時には、大きな声で宣言すること。
※ 画像は、 http://www.tele.soumu.go.jp/ より無断借用しております。

…………………………………………………………………………………………………………………………♪初めてのラジコンに戻る
■広告■→ 大人気商品が驚きの激安価格
■広告■→ 今度こそ挫折しない英会話学習!









  • 以下---編集中---
定義語
説明文