seijiの百科事典 ロージー



更新履歴

取得中です。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の登場人物。本名は草野次郎(くさの じろう)。

ムヒョの助手。当初は二級書記官だったが、一級書記官仮免を取得。
MLSは何度か受験したが落ちたらしい。ムヒョによくいびられている。ケンジにはその頼りない風貌からモヤシと呼ばれている。

気弱で優しい性格で泣き虫。魔法律家なのに霊がニガテ。
何をやってもドジを踏む落ちこぼれだが、努力家で、魔法律にかける情熱は人一倍強い。他人を助けるためなら体を張ることもいとわない。
本来は裁判官補佐しか使えない「杖」の魔力を発動させたり、多数の悪霊を魔縛りの術で止めたり、の消費が激しい破魔の術を連発したりと、その潜在能力は計り知れない。
ペイジ曰く常人の数倍の煉があるらしい。
今井裁判官の教えを受けて「邪祓塩の術」や「破魔竈の術」などの新技を覚えた様子。

身長170cm、9月29日生まれ。特技:スーパーハリボテテク(自称)、料理。好きなもの:紅茶、お菓子。苦手なもの:幽霊、怖いムヒョ。
座右の名は「半額タイムサービス」。

名台詞

「今の僕は前の僕よりムヒョを支えられる!!」
「おまえみたいな卑怯者に――ムヒョは絶対に負けないっ!!」
「何でなにも教えてくれないのさ!!」
「みんなで助けに行くって約束したんだもん・・・!」
「待って!ムヒョ・・・!! どんな雑用でもするから!資料だってもっとちゃんと作る!!」
「ムヒョ・・・ちゃんとゴハン食べてね・・・! 寝るとき寒かったら ちゃんとお布団かぶって―― それから」
「これぞ僕が夢にまで見たあの―― 魔法使いの街!!」
「さあ行こう!! 魔法使――いや 魔法律家になる為に!!」
「なぜだ・・・ なんであんなチビッコが執行人なのさぁ~~~~!!」
「夢にまで見たサスペンダー・・・」
「僕が今するべき事は―― 僕の事を知る事なんだ・・・!!!」
「この検査ニガテ…」
「僕達ならきっとうまくいきます…!!」
「煉 ありがとうございますエビスさん… 失敗したら… みんなゴメンね…」
「――僕に本当に必要なのはムヒョに認められることじゃなくて… 同じ魔法律家として一緒に戦う 覚悟なんだ…!!」
「気付いたんです ホントにやっと… パートナーとして一番大事な事は …きっと… 気持ちを一つにする事なんだって……」