seijiの百科事典 ゴリョー



更新履歴

取得中です。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の登場人物。本名は五嶺 陀羅尼丸(ごりょう だらにまる)。

執行人。平安時代からの陰陽師の家系である五嶺家の末裔で、全国に支部を持つ超一流魔法律事務所「ゴリョーグループ」の頭取。
助手は裁判官のエビス
ムヒョはMLSの後輩。
トーマスMLS時代の先生であり、師匠だった。
ムヒョと比べると呼び出せる使者のレベルも低く、の量も少ない。

和風で、左胸元に魔法律のマークのある和装束を着て、扇子を持っている。
左口元にホクロがある。和綴じの魔法律書を使っている。
夢は世界最強の魔法律家集団を作ること。
一人称は「アタシ」で女性のような外見だが、高身長であることや部下に“若”と呼ばれていることから、男だと思われる。

しかし、部下を人とも思わぬ思考、徹底的な同業者潰し、法外な料金請求など、そのやり口はかなりあくどい。100ヶ所目はムヒョの事務所。

トーマスに襲われて、秘宝館に監禁されて拷問を受けた。
霊化蟲によって霊化した。蜘蛛を食べ、蜘蛛のような姿になった。
エビスの体を貫いた。

トーマスに盾として使われたが、キリコに霊化蟲を還され、元の姿に戻った。

誕生日は12月20日。身長178cm。好きな物はようかん、おしるこ、そば、茶、庭の散策(五嶺邸内)。特技は書(毛筆 師範級)、地獄耳、戦略。苦手なものはお金の計算、騒音、電車、油っこい食べ物、生臭い食べ物など(食べ物の好き嫌い多し)。

名台詞

「本当の非力とは何を指すと思う?」
「ひっかかったね」
「とくと見ておくんだねぇ草野君 そして思い知るんだ 今までのお勉強がムダだったってことをね」
「全て予定通りだ」
「失敗したと思った時はもう遅い 相手の策は次々と先へ行く 天才といえどそれは止められぬ」
「逃げるのはそっちだよ」
「どの口が―― ほざいてやがるのかねぇ・・・ キサマのようなゴミを誰が拾ってやったと思ってるんだい? 死ぬ気でやれ・・・! 豚が!!!」
「これで名実共に私は最強の執行人だ・・・!!」
「五嶺家をなめやがって・・・!!」
「この豚をつまみ出せ」
「三日以内でたのむよ 六氷の」
「…おい どうせ死ぬのならその命 アタシの為に使うといい」
「アタシには夢があるんだよ…」五嶺グループを世界最強最大の魔法律家集団にする夢がね…!!」
「わかるねぃ…恩を返す方法は唯一つ 一生アタシの手足となり アタシの為に死ぬ事だ」
「まったく明日は早いというのにねぃ エビスなら――」
「今のは聞かなかったコトにしろぃ」
「本部が禁魔法律家共の手で焼き打ちに逢うた!!!」
「引き返せえええぃ!!!」
「…ムチャ…しおって… アホゥ共め…」