seijiの百科事典 パンジャ



更新履歴

取得中です。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の登場人物。本名は「桜井千代(さくらいちよ)」。

禁魔法律家集団「箱舟」と一緒に行動している少女。彼女自身は箱舟ではない。
ロージーを偏執的に溺愛している。彼女にとってロージーは「私の白馬の王子様」。
「魔人形の糸」によって大規模な「あやつり」ができる強力な半霊。「糸」は操られている者に触れられただけで伝染ってしまう。
ほとんど顔が隠れてしまうほどの長髪でギョロ目。
「チヨちゃん」という名前を使い、ウェイトレスに変装して、ロージー達が泊まる新潟のホテルに潜入していた。
地獄の女帝「ミミ」と契約を結んでいる。

ロージーを殺しにいくと聞いて、ティキに出動を志願した。
エンチューが彼女を見つけたらしい。
禁魔法律を使いすぎて霊化が進行し、悪霊化が始まった。
ロージーをかばってミックに刺された。
ロージーとは、3年前、ムヒョの助手試験会場前で会い、優しくしてもらって一目惚れした。
その後、ロージーを尾行したり、事務所に無言電話をかけるなどのストーカー行為を頻繁に行っていた。
そのせいでティキに目をつけられ、禁魔法律を叩き込まれた。
ロージーに自分の事を思い出してもらえたおかげで霊沸浄化し、天国へと逝った。

名台詞

「草野様の悪口を言うな!! 自慢の面を噛み砕いてやろうか……!!」
「くっ くく 草野様は私のものだ…!!」
「やっと2人きりになれたね」
「キレイな声…もっと聞かせて」
「ずっと一緒だって…ウフフ もう…クスクス バカねぇ 永遠に でしょ?」
「ねえ 私の事本当に忘れたの?」
「ウフフ…手ぇにぎっちゃった………洗えないわ」
「ちくしょう…! ブタ…! ロージー君に近づくな コノ ブタ女め…!!!」
「手出ししないでミック …今邪魔されたら私 アナタにも何するか分からないわ…!!」
「フンフンフフーン もう少し!! タララランタランッ もう少しの辛抱よパンジャ! ピラリラリーン」
「おはよう 私の白馬の王子様…!!」
「ホラホラ お別れのあいさつくらいしなさいよ」
「ずっとロージー君を独占しやがってこのチビめェ――!!!」
「…え? ――怒ってるの…?」
「ア アレはそんなに大事なモノなの? アナタの事をこんなに…思ってる… ワ ワタシより…?」
「このあと私とロージー君は結婚して!!幸せな家庭を築いて!!家族に見守られて!!仲良く天国に行くの!!」
「ううッ いやだ 悪霊になりたくない…!! 悪霊になったらロージー君の事…忘れちゃう…!!」
「おねがいよ…… せめてロージー君 私の事…おもいだしてほしい!! あなたにはたぶん小さな出来事 でも私にはかけがえのない こと…」
「――お…思い出してくれて…あり…がとう… 毎日…毎日思い出していたわ… あの幸せを…」
「その後はなにもかもがぼやけてしまったの だってついに―― 王子様を見付けたから…!!」
「またお話したい 追いかけないと消えてしまう お願い 行かないで…!! 一人にしないで…!!」
「日に日に切なくなった 飛び出して話しかけたい だけど 二人はいつも一緒」
「パンジーは…イヤ…」
「きゃっ やだ お洋服まで?」
「とんだ心配性の王子様ね でも そんなやさしいところが大好き」
「これはきっと私の運命なの あなたに会うのもね 私の王子様…! それだけで幸せだったよ ―――あれ?このにおい… あっ ――これって パンジ――…」