seijiの百科事典 ペーパーブレイバーのあらすじ



更新履歴

取得中です。

ペーパーブレイバー」のあらすじ一覧です。

  • Lv.1「勇者と白魔導士」
白窓聖利、道光勇人と出会う。
  • Lv.2「レベルアップのすゝめ」
白窓聖利、道光勇人にレベル上げを約束させる。
  • Lv.3「大合戦-その後-」
白窓聖利、道光勇人とカラオケに行く。
  • Lv.4「そんな感じそんな感じ」
白窓聖利、宝八兵衛と出会う。
  • Lv.5「プラスチックのような木製のような」
白窓聖利、宝八兵衛にからかわれる。
  • Lv.6「鬼のようッスねビカリさん!!」 
白窓聖利、カラドボルグで見知らぬ少年の頭を殴る。
  • Lv.7「その辺信じてるからね」
白窓聖利、宝八兵衛にパンティを盗まれる。
  • Lv.8「きらいじゃない」
白窓聖利、道光勇人の彼女だと誤解される。
  • Lv.9「勇者様に感謝」
白窓聖利、道光勇人を女体で釣る。
  • Lv.10「誰があんなことを!」
白窓聖利、宝八兵衛にお尻をさわられる。
  • Lv.11「あの頃の白窓のままですよ」
白窓聖利、道光勇人を押し倒して縛り上げる。
  • Lv.12「勇人さんは」
白窓聖利、道光勇人と口をきかなくなる。
  • Lv.13「そのうち砂糖吐く」
白窓聖利、壱金菜毬に撃たれる。
  • Lv.14「青春やなあ!」
白窓聖利、壱金菜毬と夕暮れの校内を追いかけっこする。
  • LV.15「あとかたもなく」
白窓聖利、壱金菜毬に追われている途中で道光勇人に出会う。
  • Lv.16「勇者のくせに」
白窓聖利、風邪が悪化して倒れる。
  • Lv.17「どの子が勇者」
白窓聖利、目覚めたがまた寝る。
  • Lv.18「神のご加護」
白窓聖利、自分を助けてくれた道光勇人にお礼を言う。
  • Lv.19「金と名のつくもの」
白窓聖利、ついにやる気を出した道光勇人に感涙する。
  • Lv.20「不思議だね」
白窓聖利、夏服に衣替えして喜ぶ。
  • Lv.21「彼はずっと「持っていた」」
白窓聖利、休日に人気のないところで道光勇人と待ち合わせしているところを楠本達に目撃される。
  • Lv.22「チニアタマヲフセル」
白窓聖利、楠本達に土下座して金銭を要求する。
  • Lv.23「どの面さげて」
白窓聖利、道光勇人がラブレターをもらった事を知って気が遠くなる。
  • Lv.24「それは恋じゃない」
白窓聖利、剛島右華によって潰された道光勇人の顔に回復魔法をかける。
  • Lv.25「ダイレクトかつリズミカル」
白窓聖利、剛島右華に貧乳をバカにされて怒る。
  • Lv.26「筋肉ポエマー」
白窓聖利、剛島右華にもらった干し芋をムシュフシュにあたえる。
  • Lv.27「レッツ窮地」
白窓聖利、道光勇人に巨大バリアをぶつける。
  • Lv.28「味長続き」
白窓聖利、錬金術師のキャロラインと出会う。
  • Lv.29「偶然の産物ドーン」
白窓聖利、仲間になってくれそうな職業(ジョブ)持ちを探すために学校の屋上に登る。
  • Lv.30「ワインに含まれる」
白窓聖利、調理実習でもえもえきゅんする。
  • Lv.31「納得いかない」
白窓聖利、初の出番なし。壱金菜毬、500円玉を拾う。
  • Lv.32「うそぴょんナシぴょん」
白窓聖利、剛島兄妹の目的が「天職(レベルマックス)」にたどりつくことだと知る。
  • Lv.33「ほぼ一夜漬け」 
白窓聖利、道光勇人達と一緒にテスト勉強をする。
  • Lv.34「大判焼きと回転焼き」 
白窓聖利、道光勇人にパンティを見られる。
  • Lv.35「世界が本当に」
白窓聖利、道光勇人に昔話をする。
  • Lv.36「ステキトキメキ」
白窓聖利、道光勇人の指導のおかげで苦手な数学でけっこういい点を取る。剛島右華、道光勇人に交換日記を渡す。
  • Lv.37「ご利益ひとり占め」
白窓聖利、新入生歓迎旅行へ向かう新幹線の中でドナドナを口ずさむ。
  • Lv.38「ねつのどはなみず慢性失禁」
白窓聖利、迷子になった道光勇人を探す。道光勇人、魔王と出会う。
  • Lv.39「ただの気まぐれ」
白窓聖利、魔王の攻撃で右手が使えなくなった道光勇人の食事を手伝う。
  • Lv.40「剣を振るうのは」
白窓聖利、おっぱいをもまれる。
  • Lv.41「ハートとおんなじくらい」 
白窓聖利、玄間玄乃にやつあたりされる。
  • Lv.42「まさかそういう」 
白窓聖利、道光勇人と玄間玄乃のキスシーンを見て呆然とする。
  • Lv.43「どうでもいい」 
白窓聖利、一緒に世界を救ってくださいと仲間たちに頼む。
  • Lv.44「誰より弱くて」
白窓聖利、道光勇人を抱きしめて勇気づける。
  • Lv.45「その通りですとも魔王様」 
白窓聖利、ムシュフシュに乗って空を飛ぶ。
  • Lv.46「役目」
白窓聖利、魔王に首を差し出す。
  • Lv.47「最後のひとふんばり」
白窓聖利、もう何も諦めないと宣言する。
  • Lv.48「もしも世界が続いたら」
白窓聖利、仲間たちと一緒に魔王のレーヴァテインを阻止する。
  • Lv.49「新しい世界で」
白窓聖利、京都から帰宅する。
  • Lv.50「こんな見当違い野郎」
白窓聖利、剛島左葉に告白されそうになる。
  • Lv.51「大葉に近い」
白窓聖利、二度目の出番なし。禍宮魔呂彦、トネリコの葉を食べる。
  • Lv.52「まつげ90度」
白窓聖利、道光勇人と2人きりで勇者関連の情報を集める。宝八兵衛、思わせぶりな態度をとる。
  • Lv.53「宇宙が広がる」
白窓聖利、三度目の出番なし。新芝白蛾、的外れな占いをする。
  • Lv.54「新たなクソガキ」
白窓聖利、隣家のおじいさんと険悪な雰囲気になる。 
  • Lv.55「違うと言ったら」
白窓聖利、道光勇人のレベルが上がっていないことを確認して落胆する。


※注:このあらすじは、管理人が考えた文章です。雑誌に掲載されたものではありません。