seijiの百科事典 HACHI



更新履歴

取得中です。

『HACHI』(ハチ)は、西義之による漫画作品。『週刊少年ジャンプ』2013年42号より連載開始。 また、第3話終盤以降は副題が追加され、『HACHI-東京23宮-』と改題された。

概要

ヒーローを目指す少年・ハチは、幼なじみのテッキンがいきなり女の子らしくなったことにとまどっていた。そんなある日、ハチは街で血と蛇の匂いを嗅ぎつける。その匂いを辿った先は、昨今東京で相次いでいる「吸血殺人」の現場だった。

登場人物

  • ハチ/犬神八(いぬがみはち)
ヒーローを目指す少年。新宿区立第四中学校に通う中学二年生。14歳。右目の下に星形のアザがある。小柄だが明るく元気がいい性格で、イタズラが大好き。犬並みに異常に鼻が利く。学校の屋上のタンクの上に登って、東京限定の安いトマトジュースを飲むのがお気に入り。時々「犬毛」が生えるので、その度に抜いている。本人も知らなかったが、実は半神(ハーフ)の一員で、その正体は地獄の番犬ケルベロス。
  • テッキン/鉄川麻琴(てつかわまこと)
ハチの幼なじみの少女。新宿区立第四中学校に通う中学二年生。14歳。小学生の頃は男子のようだったが、中二になると急に背が伸び、夏休みに母親と海外旅行に行った後にいきなり女の子らしくなった。今では新宿四中のアイドルとしてみんなの人気者である。しかし、本人は周りの反応が急に変わったことにとまどっている。好物はアイス。
  • エレナ/MARY.J.EREN(マリー.ジェイ.エレナ)
科学者であり医師。眼鏡を掛けた黒髪ロングの若い女性で、右目の下にほくろがある。世田谷区・某区民ホールで行われた「国際犯罪連絡会議」(非公式)において、亜人類(ミュータント)は存在すると発表した。聴衆には信じてもらえなかったが、昨今東京で相次いでいる「吸血殺人」は亜人類の仕業とし、変異の兆候のある人間の早期発見を警察関係者に求めた。「ミュータントラボラトリ」という組織に所属している。半神が東京を占領した後は、対半神反抗勢力「セレーネ」の一員となった。実は半神(ハーフ)の一員で、その正体は夢魔(サキュバス)。
  • 源さん(げんさん)
ベテランの刑事。坊主頭の高齢の男性。「国際犯罪連絡会議」に出席していた。実は半神の一員で、その正体は石化の邪眼を持つ神話の聖獣バジリスク。
  • 山田(やまだ)
源さんの部下の刑事。無精ひげを生やした中年の男性。「国際犯罪連絡会議」に出席していた。
  • ハチのお姉さん
ハチのお姉さん。黒髪でぼさぼさ頭の成人女性。酒好き。陸上自衛隊に所属する軍人。半神が東京を占領した後は、中野宮で独自に半神抵抗勢力を組織し、そのリーダーになった。
  • ゼウス
物乞いの老人。「おわりじゃ 破滅じゃ」が口癖。実は半神の一員で、集団の中では幹部扱いされている。
  • 闘神アレス(とうしんあれす)
半神の大男。変幻すると巨人になる。ハチを一撃で倒し、テッキンをさらった。半神が東京を占領した後は、墨田宮長になった。
  • 酒神バッカス(しゅしんばっかす)
新宿宮長。酒と乙女の血に飢える冷血な半神。
  • ドラキリー/悟木六(さとらぎりく)
対半神反抗勢力「セレーネ」の戦闘員。ドラキュラのような外見の男性。実は半神の一員で、その正体は千年に一度現れるという伝説の半神「不死鳥(フェニックス)」。
  • オトネ/枕野乙音(まくらのおとね)
対半神反抗勢力「セレーネ」の諜報員。ゴーグルを着けた女性。半開きの寝ぼけまなこと、だるだるに伸びきった服のそでが特徴。実は半神の一員で、その正体は聖獣「一角獣(ユニコーン)」。
  • レニ/木場礼二(きばれいじ)
対半神反抗勢力「セレーネ」の本部長。ラーメンが大好きな男性。無精ひげと目の下のクマが特徴。
  • ふゆみ
酒神バッカスの生娘コレクションの中の一人。居住区を脱走して自分を助けに来た父親をかばった結果、バッカスに血を吸われて重傷を負った。
  • 山羊沼(やぎぬま)
酒神バッカスの部下。右目にキズがある半神。粗暴な性格。バッカスが敗北したため、アレスが統治する墨田宮に逃げ込んだ。
  • イガ/伊賀森信平(いがもりしんぺい)
対半神反抗勢力「セレーネ」の諜報員。お調子者で、無類の女好き。
  • アポロン
中野宮長。「地獄の迷宮」である中野宮の最恐の主と呼ばれる半神。変身前は髪の長い美少年だが、半神に変身すると二つの生首に分裂する。一撃必殺の能力に長け、空間断裂を生むとされるその力は絶対不可避。
  • 狼先輩(おおかみせんぱい)
墨田宮に逃げ込んできた山羊沼の世話をした半神の男。テッキンを夜這いしたところをアレスに見つかり、アレスの手によって握りつぶされて死亡。
  • イビルマウス
アポロンの部下。大きな口の中に目があり、背中に生えた4本の羽で飛ぶ半神。おもちゃを用意するなど、アポロンの世話をしている。「千里眼」の能力を持つ。
  • アラクネ
アポロンの部下。キノコのような頭とクモのような下半身が特徴の女半神。オトネによれば、神話ではアテネにクモにされた悲劇の少女だが、実のところ男好きのダメ半神らしい。8本の触手を自在に操り、俊敏な動きを見せる。好物は人間の男の子。
  • ヘラ
ゼウスの妻であり仇なす者。5年前、イギリスのとある教会跡地で、レニとエレナに預言を聞かせた。変身前は老婆だが、半神に変身すると4本の羽を持つ天使のような姿になる。
  • アルテミス
文京宮長。アマゾネスのような格好をした女半神。ゼウスに反発しているらしい。

用語

  • 吸血殺人(きゅうけつさつじん)
昨今東京で相次いでいる連続殺人の通称。被害者は全血液を抜かれ、現場の証拠も牙や羽、ウロコなどの動物痕のみのため、警察は動物の凶行と断定している。
  • 半神(ハーフ)
神の一族。いわゆる亜人類(ミュータント)。変幻の能力を持つ。彼らの生命の源は人の生血である。見た目は人間とほとんど変わらないが、牙が生えている。吸血殺人は半神による犯行。東京を占領し、「東京23宮」を作った。弱点は銀。
  • 吸血変幻(きゅうけつへんげん)
半神が血を吸うことによって、人間の姿から変身すること。ハチは、血を吸わない代わりにエレナに渡された薬によって変幻する。黒い薬が吸血変幻用で、白い薬が人化用。
  • 東京23宮(とうきょうにじゅうさんく)
半神達によって改造された東京23区。植物の根で隆起させられた各地域にはそれぞれ宮長が配置されている。街は半神によって支配され、人間は「人間用居住区域」に閉じ込められて過酷な労働と「納税」を強いられている。
  • 納税(のうぜい)
半神が東京占領後、人間達に強制した義務。7日おきに1人につき致死量寸前の1500ccを採血させパック詰めする。
  • セレーネ
対半神反抗勢力(たいハーフレジスタンス)。半神から東京を奪還するために結成された組織。活動員総数は415名。元警察官から元調理師まで様々な人材から成り立ち、新宿区内の廃線になった地下鉄や、廃ビル跡地に身を潜め活動している。活動内容は主に3つで、「食糧調達」、「スパイ活動」、「戦闘」である。
  • 聖根(せいこん)
ゼウスが宮長に1個ずつ配った、東京23宮の地面を持ち上げた巨大植物の根や雲のバリアーを作る魔法の根。これを破壊することがセレーネの目的である。
  • 聖銀柱(せいぎんちゅう)
半神を遠ざける柱。柱の上にリングがついているような形状をしている。
  • 王の実(おうのみ)
ドラキリーが懐に入れている、おいしいプレーンのこと。
  • “神殺しの火”プルトン(かみごろしのひぷるとん)
冥王から冥府の門番を厳命されたケルベロスが、その任務遂行のために授かった強力な冥王の火。その火は捕えたものを決して逃がさず、そのものを完全に浄化してしまうほどの高熱の火。

関連記事


外部リンク