seijiの百科事典 半見開き昔話のあらすじ



更新履歴

取得中です。

半見開き昔話」のあらすじ一覧です。

  • 1「こぶとりじいさん」
鬼がこぶを取ったことによって真の力を取り戻したおじいさんは、これで本気で舞えそうだと高ぶった。
  • 2「つるの恩がえし」
つるが化けた美女は、おじいさんがのぞくのではないかとしつこく疑った。
  • 3「かさじぞう」
地蔵の頭にかさを投げつけて遊ぶおじいさんに、地蔵はイラッとした。
  • 4「一休さんと橋」
一休さんは、「このはしわたるべからず」という難問を、自慢の脚力で橋を飛び越えることによって解決した。
  • 5「一休さんとビョウブ」
一休さんは、「ビョウブのトラを捕らえよ」という難問を、自慢の腕力でビョウブを八つ裂きにすることによって解決した。
  • 6「一寸法師」
とても体の小さな一寸法師は、その体の小ささを生かして女の子にイタズラをしながら幸せに暮らした。
  • 7「うらしまたろう」
カメに乗って竜宮城に連れて行かれるうらしまたろうだが、水中で呼吸ができないため溺れた。
  • 8「したきりスズメ」
なんでもかんでも「したっきり」で怠け者のしたきりスズメは、みんなに迷惑をかけていた。
  • 9「ももたろう」
鬼ヶ島に電車で向かったももたろう。しかし鬼が次々と電車に乗り込んできて、逃げ場がなくなってしまった。
  • 10「輝夜姫」
光る竹から生まれた赤ん坊は、おじいさんから「シャイニングナイトプリンセス(SNP)」と名づけられた。
  • 11「金太郎」
まさかりかついだきんたろう(女子)を背中に乗せたクマは喜んだ。
  • 12「カチカチ山」
石をカチカチ鳴らしてもなかなか火がつかないことにいらだったウサギは、もっとてっとり早い方法を思いついた。
  • 13「ネズミのムコとり」
ネズミの娘は婿探しでタライ回しにされて傷ついた。
  • 14「雪女」
決して雪女の事を喋ってはならないという約束を破った夫と別れようとした雪女だが、美人だと褒められたので思いとどまった。
  • 15「さるかに合戦」
かにとの約束を破ってカキを独り占めする猿。激怒したかには、ムキムキになってさるをコマ切れにしようとした。
  • 16「おむすびころりん」
おむすびを落としてしまったおじいさんが駆けだすと、ラップっぽいノリで他のおじいさん達もついてきて、おむすびに詰まっていたのは「YUME」であり、追いかけることこそが「OMUSUBI」だったと気づいた。