seijiの百科事典 大人の女(横浜の純子)



更新履歴

取得中です。

大人の女、またの名を横浜の純子とは「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「ボボボーボ・ボーボボ」の登場人物。浜娘(ハマっこ)。

ボーボボと首領パッチが融合して誕生した。この姿でいられるのは1分。
鼻毛真拳奥義「聖鼻毛融合(ボーボボフュージョン)」は、特殊な環境・状態・星座運の時に融合することにより、ごく稀に、1億分の1の確率で突然変異を巻き起こしスーパー戦士を生み出す。大人の女はその中の一人である。実力は通常の融合戦士の軽く1億倍。その圧倒的強さにシゲキXも完全に惚れてしまった。
大人の鼻毛真拳の使い手。「OTONA(女豹)」の掛け声とともに、口紅やスカーフを武器に戦う。
生気のない目と気だるい雰囲気にミステリアスな大人の色気が漂う。

実は魚雷ガールとは知り合いで、魚雷ガールが唯一同格と認める女。2人は共に「大人の女界」をリードする2大カリスマ女性であり、大人の女性たち必須のファッション誌「魅惑レディー」の専属モデルとして活躍している。ちなみに「魅惑レディー」はシマリスに大ヒット。
カルピスには水を多く入れるらしい。

名台詞

「大人の女 またの名を横浜の純子」
「子供ね」
「大人とは他人を踏み台にしていくもの!! そしてこれが郵政民営化の真の形・・・・・・・・・」
「カルピスには水を多く入れる!!!それが大人!!」
「5月5日が子供の日なら010月7日(オトガツナノカ)は大人の日だ――――――――!!!!」
「アナタの敗因はたった1つ・・・大人になれなかったことよ」
「私もまだまだガキね」