seijiの百科事典 チカカラチカ



更新履歴

取得中です。

『チカカラチカ』は、天山まや(あまやままや)による地下娘コメディ漫画。週刊少年チャンピオン2014年42号より連載。

概要

公園の芝生から、女の子の尻が生えているのを発見した御屋形圭。その尻の持ち主は、地下日本人の少女・チカ。彼女は地下世界大戦まっただ中の地下日本を勝利に導く何かが地上にあるという夢をみて、地上に出たのだ。

登場人物

  • チカ
地下日本人の少女。地下日本を支配する地底陛下の愛娘で、お姫様。地下世界大戦まっただ中の地下日本を勝利に導く何かが地上にあるという夢をみて、地上に出た。頭の花を見られるのを恥ずかしがる。地下日本人は恥ずかしがり屋な種族で、恥ずかしさが頂点を越えると頭の花が開花する。御屋形に頭の花を見られた恥ずかしさから花が咲き、脱皮してチカツーが生まれた。
  • もぐり
地底もぐら。チカのお目付け役。普通に言葉をしゃべる。口が悪い。白目をむいている。
  • 御屋形圭(おやかた けい)
ムッツリスケベの少年。公園の芝生で、女の子の尻が生えているのを発見した。高校生で、中堅高校の底辺。スキあらばチカやチカツーのパンツをガン見している。
  • チカツー
チカが脱皮した姿。地下日本人は恥ずかしさが頂点に達すると記憶を受け継いで生まれ変わる。チカを「ママ」と呼び、御屋形を「パパ」と呼ぶ。地下ツンデレ。主食は水で、頭の花で光合成している。水にはこだわりがあり、軟水しか受け付けない。
  • 御屋形逢(おやかた あい)
御屋形圭の姉。21歳。「おばさん」と呼ばれると怒る。気の強い性格で、弟の圭やチカツーもタジタジ。

関連記事