seijiの百科事典 こむぎけーしょん



更新履歴

取得中です。

『こむぎけーしょん』は、福地カミオ(ふくちかみお)によるストーリー漫画。「週刊少年チャンピオン」2015年43号に掲載。

概要

女子中学生・富森こむぎは、人とのコミュニケーションがとても苦手。もうすぐ15歳になる彼女は、人とまともに会話できない自分を変えようと勇気をふりしぼる。

登場人物

  • 富森こむぎ(とみもり こむぎ)
女子中学生。極度の恥ずかしがりやで、人とのコミュニケーションがとても苦手。佐藤さんにハンカチを拾ってもらったのにお礼がうまく言えずに、恥ずかしくて逃げ出してしまった。なんだかみんなから見られてるような気がする。
  • 佐藤(さとう)
女子中学生。富森が落としたハンカチを拾ってあげた。
  • 女子高生(じょしこうせい)
自動販売機でジュースを買っていた女子高生。美人で、堂々としてかっこいいと富森に憧れられた。彼女が落とした10円玉を富森が拾った。

アオリ文

「女子中学生の放課後タイムに!? 恥じらい女子中学生日記!!特別読み切り6ページ!! 新人まんが賞出身の新鋭、再び登場!!」(冒頭)
「ドンマイです!!」(末尾)

作者コメント

「暑かったり寒かったりで大変です。短いですが、よろしくお願いいたします。」

外部リンク