保安官エヴァンスの嘘のアオリ文

保安官エヴァンスの嘘」の、雑誌掲載時のアオリ文一覧です。

  • CHAPTER1「保安官は振り返らない」 週刊少年サンデー2017年20号
冒頭:劇的新連載 巻頭カラー45P 恋とか愛とか、うんざりだ。男には、魂の叫びがある。それは殺し合いの先に―― 別に泣いていない。夕陽も目に沁みない。 男は―― 悲しみの弾丸を撃ちこむ。 自分自身のハートに。 そのダメージは…… 重い。 その“嘘”に胸が締め付けられずにはいられない。 愛と悲しみの西部喜劇(ウエスタンコメディー)!! 銃の腕前は既に一流。その少年には、確固たる意志がある。それは…
末尾:彼は強い。そして強がる。それが男の生き様。悲しき保安官への応援、お願い致します。
  • CHAPTER2「保安官は終わらせない」 週刊少年サンデー2017年21号
冒頭:その“嘘”に胸が締めつけられる西部喜劇。新連載第2話!! 右手に武器、左手に恋心。保安官エヴァンスの心情は複雑で――意外に単純。 新連載第2話。この物語は… 殺意と血煙が渦巻く、男達の銃撃戦…という物語ではない。女性の前でカッコつける男の、哀しい喜劇である。
末尾:うまくいく可能性はあった…だが、誤解によって哀しい結末を招くのが、この男の性。 次号、幼馴染の女銃士(ガンマン)登場。
  • CHAPTER3「賞金稼ぎは期待する」 週刊少年サンデー2017年22+23号
冒頭:最強銃士(ガンマン)の哀愁喜劇(コメディー)、第3話!! 標的(ターゲット)を狙い撃つことに関しては、超一流。恋心(ハ-ト)を狙い撃つことに関しては、やり方がわからない。 好敵手(ライバル)登場の第3話 射撃の天才たちの競演。それはまるで、初心(うぶ)な恋愛遊び(ラブゲーム)のように――…
末尾:天才銃士(ガンマン)たちの、子供のような恋愛劇…!!次号、キャバクラ的なお店でオークレイと遭遇。
  • CHAPTER4「保安官は譲らない」 週刊少年サンデー2017年24号
冒頭:今号から読んでもたぶん楽しめる。新連載第4話!! 「付き合ってあげてもいい」と思っているが、自らは絶対に口にしない。常に強気に行くのが西部の流儀。 この物語は…悪を許せない、正義の保安官の事件簿ではない。いい歳してセクシーなお店に正面から入れない男の、悲しい喜劇である。
末尾:誤解がなぜか保安官(エヴァンス)の株を上げた。 次号、美女に話しかけられ動揺。悲しみあふれるセンターカラー!!
  • CHAPTER5「保安官は時間がない」 週刊少年サンデー2017年25号
表紙:モテないガンマン哀愁カラー!!!
冒頭:落ち着き払った様子。西部最強銃士(ガンマン)である彼は、常に自信に溢れ、動じることなどあり得ない。彼は時折、嘘をつく。全てはカッコいい男を演じる為に。 理由もなくカッコつける全ての人に贈る。悲しき西部喜劇(ウエスタンコメディー)第5話。 この物語は…悪を挫き、正義を執行する保安官の、男気溢れる西部の日常譚ではない。とにかくカッコつけてしまう男の、悲しい喜劇である。
末尾:哀愁列車に飛び乗り、“逆ナン”は華麗に通過。終着駅の“孤独”へ通勤快速です。 次号、女幼馴染み(オークレイ)が保安官(エヴァンス)宅に来る。アレを隠さねば…!!
  • CHAPTER6「保安官は覚悟ができている」 週刊少年サンデー2017年26号
冒頭:保安官(エヴァンス)と賞金稼ぎ(オークレイ)、それはお金が絡んだ仕事相手(ビジネスパートナー)。荒れた西部の猛者たちが鎬を削る…!! この物語は…悪党を捕えた賞金稼ぎにお金を渡す保安官の西部活劇(ウエスタン・アクション)ではない。ついカッコつけて嘘をつく大人達の、哀しい喜劇である。
末尾:男にはいつの日か、捨てなければならない時が来る。誇り高く生きる為に。 次号、オークレイは目撃する。
  • CHAPTER7「保安官は見逃さない」 週刊少年サンデー2017年27号
冒頭:西武最強の銃の腕前を誇る保安官エヴァンス。彼の眼光は鋭い。ささいな違和感も見逃さない為に… この物語は…悪に目を光らせ、正義を執行する保安官の物語ではない。スカートのギリギリラインを追う男の西部喜劇(ウエスタン・コメディー)である。
末尾:ゲスの極み保安官、両成敗。 次号、オークレイと要人警護。
  • CHAPTER8「保安官は金に興味がない」 週刊少年サンデー2017年28号
冒頭:隣町へ行くのも危険な時代。最強の用心棒の心に去来するその気持ちは、誰にもはかれない… この物語は…危険極まる西部の荒野を舞台に、美女を守る物語ではない。真顔で軟派なことを考える保安官の、西部喜劇(ウエスタン・コメディー)である。 表情と思考が真逆!!
末尾:だけどオークレイは上機嫌です。次号、とてもムーディーな雰囲気で!?
  • CHAPTER9「保安官は踊らない」 週刊少年サンデー2017年29号
冒頭:たとえ祝いの場であっても、保安官である限り彼に油断などない。鉄壁の警備態勢で守るのは…自分? この物語は…西部開拓時代の煌びやかな舞台で、華麗にダンスを披露する話ではない。華麗に言い訳をする男の西部喜劇(ウエスタン・コメディー)である。 踊らない。踊れない。この嘘が、バレないように敢えて強気。
末尾:月明かりの下で…言い訳のリズムはピッタリ。 次号、オークレイからラブレター!?
  • CHAPTER10「保安官はなびかない」 週刊少年サンデー2017年30号
冒頭:保安官(エヴァンス)と賞金稼ぎ(オークレイ)。お互いにライバルでありながら、恋の可能性を探り合う空中戦、静かに白熱中。 この物語は…“プロフェッショナル”風を装うヒロインが、保安官を動揺させる西部喜劇(ウエスタン・コメディー)である。
末尾:美しき友情。その裏で、悲しき道化師(ピエロ)はただ佇む。それが保安官品質(エヴァンス・クオリティー)。 次号、嘘か真か大人気御礼センターカラー&一挙2話!!新ライバル登場!?
  • CHAPTER11「保安官は敗北を知らない」 週刊少年サンデー2017年31号
冒頭:その男は常に孤高な、最強の銃士(ガンマン)。「恋?興味がない。愛?必要ない」………嘘だ。本当はモテたい。切実に。 澄ました顔で、内心焦る大人気!大感謝の一挙2話掲載!! その佇まいは、カッコつけるため!ハートを撃ち抜きたい西部喜劇(ウエスタン・コメディー)!! “死”は常に隣り合わせ。命懸けの職務を遂行している保安官(エヴァンス)の元へ、いけすかない野郎(新キャラ)が現れる!
末尾:その勘違いは、凶悪な弾丸。ただひたすら、エヴァンスの心(ハート)はエグられた。 一挙2話掲載なので、さっそく次の話へ!!オークレイがさらに勘違いを加速させる!!
  • CHAPTER12「賞金稼ぎはひた隠す」 週刊少年サンデー2017年32号
冒頭:決闘に勝って、勝負に負けたエヴァンス。今日も渋い顔をしているが、内心はおそらく違う。なぜなら… この物語は…凶悪な犯罪者たちを一掃しようとする、正義の番人たちの物語…と見せかけた子供のような恋愛劇である。 澄ました顔で、嬉しさをひた隠す。
末尾:怒りを込めた渾身の一撃。だが、保安官(エヴァンス)はオークレイの彼氏でもなんでもない。 次号、下着を見せようとしてくる、女“軽”犯罪者の罠!!
  • CHAPTER13「保安官には効果がない」 週刊少年サンデー2017年32号
冒頭:西部の猛者達が荒れる夜の街。“サービス”とは一体…だが正義の執行人・エヴァンスは目を向けない…という嘘 この物語は…西部の危険な夜に、保安官の活躍が繰り広げられる一大活劇ではない。下心を巧妙に隠す男の西部喜劇(ウエスタン・コメディー)である。 興味がないフリで通り過ぎてから目を向けるパターン。
末尾:もしも本当に脱いでいたら…!!でもそれはそれで、たぶん保安官(エヴァンス)の容量超え(キャパオーバー)です。 次号、エヴァンスとオークレイとシャーリーの三つ巴恋愛喜劇(ラブコメディー)!?
  • CHAPTER14「保安官は意識しない」 週刊少年サンデー2017年33号
冒頭:前回、保安官(エヴァンス)に下着を見せようとした“軽”犯罪者を引き連れ、オークレイが訪れた目的はもちろん… この物語は…どんな些細な犯罪も見逃さない、正義感溢れる女賞金稼ぎ(オークレイ)の物語ではない。些細な心模様を紡ぐ恋愛喜劇である。 なんとなく手を首に。嘘をつく瞬間の癖?
末尾:保安官エヴァンスの忘却。ある意味、本心? 次号、助手(テッド)から合コンの誘い。「行きたいですか?」と言われた保安官(エヴァンス)は!?
  • CHAPTER15「助手は気が回らない」 週刊少年サンデー2017年34号
冒頭:暴力に満たされた暗黒に、決して消えることのない、小さな、正義の灯火(ともしび)。それは“モテたい”という気持ち…!! この物語は…志の高い少年が、西部最強の保安官になるまでの熱き大河ロマンではない。モテるけど絶妙にモテない男の西部喜劇(ウエスタン・コメディー)である。 銃と向き合うその目に、光は宿っていない。
末尾:大丈夫です…!! 次号、ガチの本格捕物西部劇!でもオークレイと出くわして!?
  • CHAPTER16「賞金首には邪魔させない」 週刊少年サンデー2017年35号
冒頭:悪事を働いた賞金首を、保安官(エヴァンス)は見逃すわけにはいかない。彼には戦う理由がある。その先にある何かを手に入れる為… この物語は…凄腕保安官の死闘を描く、ハードボイルド西部劇ではない。モテる為に死闘すらも糧にする男の西武喜劇(ウエスタン・コメディー)である。 真摯に、ひたむきに、それは一途で切実な願い。
末尾:命知らずのカッコつけでした。 次号、結婚式場で事件。人の幸せで、ダメージを受ける。
  • CHAPTER17「保安官に下心はない」 週刊少年サンデー2017年36号
冒頭:お幸せに包まれた場でも、今日もハードボイルドに職務を果たす。「憂鬱じゃなければ仕事じゃない」…時もある この物語は…西部最強の銃の腕前を持つ保安官が市民の安寧を守る物語ではない。市民の幸せにダメージを受ける男の悲喜劇である。 彼女いない歴=年齢。神よ―――モテたい保安官に祝福を。
末尾:病める時も、健やかなる時も…負け惜しみはかかさない。いつかモテるその日まで。 次号、保安官(エヴァンス)は賞金稼ぎ(オークレイ)の家に。「賞金稼ぎは帰さない」
  • CHAPTER18「賞金稼ぎは帰さない」 週刊少年サンデー2017年37・38号
冒頭:西部最強の保安官はスキがない。銃の腕前だけではなく、冷徹に答えを導きだす灰色の脳細胞…その真実は!? この物語は…興味深い謎を追求する本格ミステリーではない。興味のある女性のことはすぐにわかる男の西部喜劇(ウエスタン・コメディー)である。 名探偵エヴァンスの脳内にはいつも…気になる女性(オークレイ)がいる。懐中時計亡失事件、解決。 カッコつけて生きるすべての人に贈る。単行本第1巻9月15日頃発売予定!!
末尾:名探偵テッド、大活躍。保安官(エヴァンス)の本音が、オークレイにふわりと刺さる。 次号「色気がない」と言われたオークレイがムキになって…!!?
  • CHAPTER19「賞金稼ぎは気にする」 週刊少年サンデー2017年39号
冒頭:色気を武器に金を稼ぐ犯罪者…そんな女を捕まえることで生計を立てている彼女(オークレイ)に、色気など必要なはずがない… この物語は…西部の妖艶な女達の、したたかな心理戦を紡ぐ物語ではない。色気を学びたい女の涙ぐましい努力の軌跡である。 彼女の辞書に「素直」という二文字はない。 素直に生きる方法がわからない人達へ…単行本第1巻9月15日頃発売予定ッ!!
末尾:保安官エヴァンスの「嘘」…タイトルに反し、時折本音がこぼれる物語。 次号、女性を紹介される機会を得るが…「会いたい」という本音が言えない保安官(エヴァンス)は!?
  • CHAPTER20「助手は要点を言わない」 週刊少年サンデー2017年40号
冒頭:彼女いない歴=年齢。超硬派最強保安官エヴァンスに、女性を紹介したいという話…絶対に受けないはずだ。 この物語は…孤高の最強銃士(ガンマン)が怪しげな話を断る話ではない。「女性なら会いたい」という本音を隠してなんとか会おうとする喜劇(コメディー)である。 誇り高く生き、本音なんて言えない人達へ…単行本(コミックス)第1巻9月15日頃発売予定ッ!! 磐石のつれない素振り。それは誇り(プライド)を守る為に。
末尾:好意を素直に受け取れないときもある。それがモテる保安官のつらいところだ。 次号、オークレイの誕生日プレゼントを買いに。でもオークレイと遭遇。
  • CHAPTER21「保安官は約束を破らない」 週刊少年サンデー2017年41号
冒頭:最強保安官の真剣な捜索が、いつもと違う舞台で繰り広げられる。それは失敗できない、切実な事案。 この物語は…西部の極悪人を追う保安官の、命懸けの捕物劇ではない。気になる女性を喜ばせたい男の、買い物の一幕である。 決闘よりも真剣な眼差し! 真剣な表情でカッコつけております。単行本(コミックス)第1巻9月15日頃発売予定!!
末尾:気になる相手だから、裏目に出ることもある。 次号、誕生日会!第1巻(コミックス)発売記念カラー!!
  • CHAPTER22「保安官は準備を怠らない」 週刊少年サンデー2017年42号
冒頭:まるで荒野の決闘へ今から臨むかの様に、保安官エヴァンスは緊張と覚悟を持って―――…………準備万端!! 最強の保安官と最強の賞金稼ぎ。 だが、お互い“気になる相手”に撃ち抜かれまくるそのハートは――最弱。 第1巻(コミックス)発売記念!4ページ前のカラーから!!→ (前回をふまえて)この物語は…オークレイの誕生日プレゼントを、オークレイと一緒に選ぶという事態になるも、無事切り抜けた保安官(エヴァンス)。誕生日会当日だが…
末尾:臆病者だからこそ、保安官(エヴァンス)の実力と名声が潰えることはない。父に感謝。 次号、“嘘”のような暴発。大人気御礼!表紙&巻頭カラー!!
  • CHAPTER23「保安官は浮つかない」 週刊少年サンデー2017年43号
表紙:この人気は“嘘”じゃない!!モテたいガンマンのウエスタン・コメディー!!!!!!! 保安官たるもの、初の表紙でもうろたえない。女性にモテたいからである。
冒頭:最強の銃士(ガンマン)であり続けるエヴァンス、もちろん理由がある。なぜ地道に鍛錬をするのかも、理由がある。 放たれた愛と哀しみの弾丸!コミックス発売記念表紙&巻頭カラー!! “嘘”みたな大人気で第1巻発売中!!! カッコつけ西部喜劇(ウエスタンコメディー)!! 澄ました顔で、今日もカッコつける。その内心は、煩悩で埋め尽くされている。 西部に名を轟かす保安官エヴァンスの浮ついた叙事(エピソード)を、遠い目で、優しく見守りください。 単行本第1巻発売記念表紙&巻頭カラー!カッコつけ保安官の本音がわかる巻頭からお読み頂ければ!→ この物語は…最強銃士活劇(ガンマンアクション)ではない。異性に対して最弱な心を持つ二人の喜劇(コメディー)だ。
ついつい本気のミス。しかし痛恨ではない。気になる女性(オークレイ)が都合よく勘違いしてくれたから。 次号、美女を追う保安官(エヴァンス)…を追う賞金稼ぎ(オークレイ)。
  • CHAPTER24「保安官は見逃さない」 週刊少年サンデー2017年44号
冒頭:西部に名を轟かす保安官エヴァンスは、眼光鋭く見つめる。それは些細な悪すら見逃さない為…っぽいが!? この物語は…どんな悪人でも捕らえ、即時に正義の鉄槌を下す英雄譚ではない。美人の顔を見たい男の必死な喜劇(コメディー)である。 異性を意識する読者に捧ぐ。モテたい保安官の西部喜劇(ウエスタン・コメディー)!単行本第1巻大絶賛発売中!! 女性を意識し続けたからこそ得た特殊能力。
末尾:顔を見たい一心で、駆け抜けた。本気だったから、バレずに済んだ。次号、スーツに買う必要が。「私が選んであげようか?」展開。
  • CHAPTER25「保安官は傲り高ぶらない」 週刊少年サンデー2017年45号
冒頭:圧倒的な銃の腕前、追随を許さない強さ。町の平和に貢献している男は、いつだって油断を見せたりしない。 この物語は…多くの悪党を捕らえた最強保安官の、栄光と名誉の物語ではない。ダサいと思われたくない男の喜劇(コメディー)である。 ダサい生き方をしない為に…参考書として推奨する無謀。第1巻、人気爆発で発売中。 誰にも見せないニタ顔。無表情(ポーカーフェイス)保安官、嬉しさを隠しきれず。
末尾:明日に向かって撃て!栗山ミヅキ先生の次回作にご期待しないでください。(連載は続きます) 次号も安定のエヴァンス節!助けた女性からの見返りが!?
  • CHAPTER26「保安官は見返りを求めない」 週刊少年サンデー2017年46号
冒頭:助手(テッド)が女の子と二人で食事をしたらしい。…だからなんだ、興味もない。タフな保安官は今日もクール。 この物語は…自らが掲げる正義に基づき、タフに生き抜く男の物語ではない。本当は軟派な精神に基づきたいけど基づけない男の喜劇(コメディー)である。 タフでクールな男になれるかもしれない。第1巻大絶賛発売中。 羨ましがる素振りは見せない。たぶん、悲しくなるから。
末尾:さりげなくオークレイに誘われる見返り。だが、オークレイの前ではカッコつけずにはいられない。 次号、銃の整備士が登場!
  • CHAPTER27「ガンスミスは人目を気にしない」 週刊少年サンデー2017年47号
冒頭:命の駆け引きをする者にとって、銃は攻守の要。絶対的に信用できるプロに預ける。そこに魂胆などない。 この物語は…大切な銃を預けるプロの整備士との、信頼と絆の秘話ではない。気になる人と距離を近づけたいだけの喜劇(コメディー)である。 「モテたい…」全ての人に贈る御用達コミックス第1巻発売中。 賞金稼ぎは見た!
末尾:気になる女性が口説かれていたら“銃士(ガンマン)の命”は二の次。それがエヴァンス。 次号、ゴロつき共と決闘へ!!そして気づく。銃の在り処。
  • CHAPTER28「保安官は恐れない」 週刊少年サンデー2017年48号
冒頭:荒くれ者が跋扈する世界(ハードボイルド)…タフでなければ生きていけない。だが、優しくなければ生きる資格がない。 この物語は…絶対的な腕前を誇る西部最強保安官の無敵銃士活劇(ガンスリンガーアクション)ではない。武器なし(ステゴロ)でどうにか窮地を乗り切りたい悲喜劇である。 ■強気な態度を担保する…一番なきゃいけないやつ! “嘘”は時に身を助ける…かもしれないのでお薦めです。発売中の第1巻、重版分は間もなく書店に!!
末尾:一対一(タイマン)で拳を重ねたからこそ、爽やかな風が胸にそよぐ。保安官(エヴァンス)、漢気勝利!!
  • CHAPTER29「賞金稼ぎは抵抗する」 週刊少年サンデー2017年49号
冒頭:最強保安官(エヴァンス)のライバル、賞金稼ぎ・オークレイの副業。ハードな西部の日常で、酒場の仕事を選ぶ理由は… この物語は…銃と殺意、酒と混沌が渦巻く、血生臭い本格西部劇ではない。気になる客がいる女子の、小さな恋の喜劇(コメディー)である。 むしろこっちがメイン。 銃を持ったらカッコいい男と女の小さな疑似恋愛喜劇(コメディー)。1巻発売中。重版分、そろそろ書店さんに!!
末尾:大抵の男が一度はハマる罠(トラップ)。要注意。次号『エヴァンスは二度死ぬ①』まさかの本格西部劇編!?開幕!!
  • CHAPTER30「エヴァンスは二度死ぬ①」 週刊少年サンデー2017年50号
冒頭:モテる為に嘘をつく…だが最強!西部の悪が怯える保安官(エヴァンス)に、最大級の窮地(ピンチ)!?(今号からでも読んでほしい)新編開幕!!! この物語は…モテる為に保安官となった男のポップな喜劇(コメディー)ではない。命を狙われる最強保安官の、命懸けの生存競争(サバイバル)である。 悲喜劇に見えて意外と渋い、最強保安官が本領発揮中。重版出来で1巻発売してます。 渾身の“嘘”で、全てを欺く…ハードな西部で今日を生き抜け。
末尾:命懸けで『秘密(エロ本)』を守り抜け…エヴァンス暗殺事件編、早撃ち最高潮(クライマックス)!!次号、超人気センターカラー!!