seijiの百科事典 今井裁判官



更新履歴

取得中です。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の登場人物。本名は 今井玲子(いまい れいこ)。

藤原裁判官補佐とコンビを組み、第18魔監獄で当直していた。
ヨイチの先輩。MLSの同期生に毒島春美がいる。
責任感が強く、職務を遂行するためなら自らを危険にさらすこともいとわない。
また行動力があり、睡眠中のムヒョに水をぶっ掛けて起こすなど思い切ったことをすることもある。
妙に仰々しい口調が特徴。

身長164cm、2月10日生まれ。好物は牛乳や乳製品に酢の物。特技は暗記と復唱で、剣道五段の達人である。苦手なものは星座占い。気になるので見たくないらしい。
攻撃に長けた裁判官で、攻撃系最強クラスの陣である『六方破魔手形の陣』が使える。
また、魔厄小太刀の達人中の達人である。

魔監獄の最下層に封印されていた強大な悪霊「ソフィー」の脱獄を身を挺して阻止し、殉死したかと思われたがおかっぱ頭のおかげで生還。
また、実は反逆者だったリオに襲われて大穴から落下したが、今井裁判官はプロなので無事生還。
さらには禁魔法律家のティキに襲われ、蚊トンボ扱いされた上に首を絞められて殺されかかったが、エンチューが「ムダなことはしないでほしい」と言ったので再び生還。
このようにたびたび訪れた命の危機から逃れ、燃えさかる魔監獄から前田監獄守を抱えて生還したことで、ヨイチによって「不死鳥」にたとえられた。
その後は協会に戻り、ペイジの下で仕事をしている。
ムヒョから「無期限の休暇」を言い渡されたロージーの世話をした。
ビコからパン作りを教わっている。
大木裁判官補佐を新しい助手にした。
ミックにさらわれた。

また、登場人物のほとんどがお互いをあだ名で呼び合うこの作品において、他人を苗字で呼ぶ稀有な存在である。

呼び名リスト

  • ムヒョ「六氷殿」「六氷執行人」
  • ロージー「草野…くん」→「草野」
  • エンチュー「円殿」
  • ビコ「我孫子殿」
  • リオ「リオ師」「リオ殿」
  • ヨイチ「火向」
  • ペイジ「ペイジ執行人」「ペイジ殿」
  • 笹ノ葉梅吉?「梅吉」
  • 毒島春美「毒島」
  • 藤原裁判官補佐「藤原」
  • 大木裁判官補佐「大木裁判官補佐」

今井フェニックス伝

MLS時代の今井裁判官が打ち立てた不死鳥伝説。毒島春美が語った。
  • 悪霊やっつける
  • ほら穴に7日間家出
  • 海に置き去り 20km遠泳

名台詞

「起こすのよ」
「ドラ○もん・・・?」
「大丈夫だ 私は簡単には死なん… このまま下にいる前田さんを助けに行く…!!」
「無事でよかった! 前田さんまで死んでしまっていたら私は・・・!!」
「私はプロですから・・・!!」
「フンッ 人をバケモノ扱いしおって…!!」
「甘ったれるんじゃない…っ!!」
「ボーッとするなオマエ等ぁぁ!!!」
「何もしない内に弱音を吐くんじゃない」
「いずれまた会う事になる それまで無事でいる事が礼だと思え…!!」
「草野ッ 長旅ご苦労!!!」
「毒島は―― そんなにヤワじゃないぞ!!」
「正面突破!!並んでついて来るように!!」
「水かけたのおぼえてた…」
「――…六氷殿… 失礼ながら注意点に疑問があります…!」
「あやつられた者に触れられても『糸』は伝染ると思います」
「バカ草野!!――」
「片手あれば何とかなる!」
「草野… 命にかえても六氷殿をお守りしろ!!!」
「キサマの問いに答える言葉など無い!!」


添付ファイル