seijiの百科事典 魔法律



更新履歴

取得中です。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」に登場する用語。

人に取り憑いたり悪さをする霊を罰する力を持つ法律。年々増加する霊による犯罪を防ぐために作られた。
魔法律によって直接霊を裁くことができるのは、魔法律家の最高位である執行人だけである。
地獄の使者を与え、その力を借りて執行される。
作中で一度もその描写が無いところを見ると、裁判は無いようだ。

執行人は悪霊に対して、その罪状を判断し、魔法律書の条文に基づき、刑を執行する。
ただし罪状を間違えると、刑は代わりに執行人が受けることになっている。

魔法律と対を成すものが禁魔法律である。

魔法律の刑罰一覧

  • 地獄送り…罪が重い霊を地獄に送る。
  • 煉獄行き…地獄に行くよりも軽い罪の霊を煉獄に送る。そこで罪を償えば天国へ行ける。
  • 黄泉行き…軽い罪の霊が受ける罰で、あの世で罪を洗い流したら天国へ行ける。
  • 三途の川行き…霊を天国に送る。
  • 浄土行き…霊を天国に送る。
  • 封印…フダによって霊を一時的に封印する。この刑罰を受けている霊が 魔監獄にいるのだと推測される。
  • 和解…詳細不明。


魔法律に関わる職業