seijiの百科事典 禁魔法律



更新履歴

取得中です。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」に登場する用語。

通常の魔法律とは違い、ではなく己の魂を売ることで地獄の使者から力を借り、生者を殺める力を手にする。
契約をすると煉の少ない魔具師でも魔具を使えるようになる。
一度でも契約すると使者との契約を絶つことは出来ない。地獄の使者に魂を売ったものは二度と人には戻れず、段々と霊に近づき、魂は擦り切れ自我も消えていく。
ただし、ムヒョによると、禁魔法律の契約を交わした使者を倒せば契約を白紙に戻せるらしい。ちなみに過去に試した者はいない。

禁魔法律を使う者達は「禁魔法律家」と呼ばれ、体のどこかに反逆者の印を付けている。
四賢人の間から奪った禁書?の封印を解き、永遠の生と復活を約束する禁魔法律の奥義を手に入れようとしている。


禁魔法律家一覧




禁魔法律の奥義