seijiの百科事典 ペイジ



更新履歴

取得中です。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の登場人物。本名はペイジ・クラウス。あだ名は「ペイ爺」。

大柄な初老の男性執行人。四賢人の一人。魔法律界では伝説の執行人として尊敬されている。
魔法律協会調査本部長で、ヨイチの上司にあたる。ムヒョエンチューの師匠。ムヒョを溺愛している。
詩の朗読が趣味。女性を口説くときにも詩を詠む。
彼によると、魔法律は基礎体力が大切らしい。
美しい女性は疑わない主義。
魔法律院長になったが、第3魔監獄主長エミリーの協力を得て魔法律院で行った特別強化合宿を無謀な計画によって失敗させ、すぐクビになる。
足が悪いようだ。
MLSの教師時代はトーマスの親友だった。

誕生日は5月25日。身長190cm。好物:詩、パイプのケムリ、ブランデー、甘いコーヒー、演劇(バレエ、オペラ)、散歩(旅に発展する時も)。特技:詩(だと思ってる)、アイロンがけが早い、弟子の育成(だと思ってる) 。苦手なもの:ピカピカじゃない靴、機械全般、協会関係者、パーティー、美しい女性。

名(迷)台詞

「おぉお よかった 私のムヒョオォ~!!!」
「でわ チリョウシさん おわびの詩を詠ませて下さい! あなたの赤いズキンに心がズキンと――」
「宣伝だ 「明日にでも殺せる」ってな……!!」
「まるで小さなツバメ―― 見たまえ 風に逆らって飛ぶツバメ達の姿だ…!! 行け… 運命を切り拓くんだ…!!」
「レッスン1……! 生き残れよ……!!」
「頼む・・・!!生きていてくれ・・・!!!」
「レッスンは終わった…おめでとう」